Safari Man[サファリマン]のメモ帳 – 米国駐在員20代夫婦が、マイルとホテルポイントのみで旅行し、家とクルマを買わず保険に入らない倹約生活で資産運用をする記録、メモ、日記

備忘録/車3,000万円、住宅購入3,000万円、保険1,000万円を節約し全世界株インデックスファンドに35年間投資をする記録,日記/雑誌Safari[サファリ]のようにメンズセレブファッションを紹介が元々のコンセプト/洋楽歌詞で英語を勉強する方法を紹介/既婚/ニューヨーク駐在中/TOEIC915/陸マイラー/駐在中1,475万円分のマイル・ホテルポイントを稼ぐ/副業・複業(輸出入業)/1990s |

洋楽を英語学習の教材として使えないか

洋楽を英語学習の教材として推薦する記事を発見したのでメモしときます。『』という記事で洋楽を使用して英語を学習してきた著名人や英語マスターを紹介しております。

そこで私がおすすめするのは、発音とリスニング力の両方を同時に矯正できる「洋楽ひとりカラオケ」です。私の周りにいる英語が達者な人の多くが、洋楽カラオケで、発音がよくなり、リスニング力もついた、と言っています。

 それにはちゃんとした理由があります。みなさんも既にご存じかと思いますが、英語の練習には、繰り返し行う「リピーティング」、耳で聞いたものを即座に復唱する「シャドーイング」、英語の音声に合わせて自分も発声する「オーバーラッピング」、声に出して読む「音読」が重要とされています。実は、洋楽ひとりカラオケには、このすべてが入っているんです。

Source: https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/051400093/080200004/?P=2

 

オススメ記事!!