About Us | 著者プロフィール

駐在中(ニューヨーク在住)

f:id:yougaku-eigo:20190807000132j:plain

米国ニューヨーク駐在員のSafari Man[サファリマン]です。

SNS

Profile

f:id:yougaku-eigo:20200411011138p:plainf:id:yougaku-eigo:20200411011119p:plain  

続きを読む

VanguardとCharles Schwabの主要Mutual Fundsの運用資産比較

 下記図を見て、チャールズシュワブはヴァンガードに負けないようコスト競争を頑張っているのだなと思っておりましたが、ふと運用資産はそれぞれどの程度なのだろうと思って状況の通り調べてみました。2020/8/3時点の数字ですが、上記のTweet通り、やはりヴァンガードが運用している資金の方が圧倒的に多いです。運用資産の比較してみようと思ったキッカケの一つに、「アメリカでは3つの「全米株式インデックスファンド」がしのぎを削っています | 投資信託クリニック」という記事を見たこともあります。f:id:yougaku-eigo:20200803224936p:plain

Soruce - Index funds & ETFs | Charles Schwab

今までの選択は間違いでない...

f:id:yougaku-eigo:20200801212917j:image

https://twitter.com/shushu_30s/status/1289520828971757570?s=21

私自身も、もっとこうできたと30年近い人生で思う事が多いですが、こうして結婚して夢だったアメリカに住むとうこうことを何とか達成できているので、若い時の判断の一つ一つが間違えでなかったのだと何とか思えております...

賢者は全米株とNASDAQと新興国、EAFE

f:id:yougaku-eigo:20200731011436j:image

私は一応、日本ヨーロッパも買っております。下記の表を見ると、EAEFのHolding Listには、名だたる企業が並んでいます。

f:id:yougaku-eigo:20200731011906j:imagef:id:yougaku-eigo:20200731011903j:image

私は、MSCI EAFE Indexに連動するCharles SchwabのMutual Funds: SWISXSchwab International Index Fund®)を買っております。SP500とQQQで70%程度、EAEFを20%、VWOを10%程度で保持しております。

SWISX関連記事

safariman.hatenadiary.com

 

カン・チュンド(姜 忠道)氏のミニマリスト的な生活 - クルマなし ・住まいは賃貸 ・唯一入っている保険はこくみん共済

f:id:yougaku-eigo:20200729230740p:plain

Source - 代表カン・チュンド | 投資信託クリニック

マネックス証券でオンラインセミナーを行っていた方のプロフィール。徹底したミニマリストの方のようです。セミナーは非常に参考になりました。

・クルマなし

・住まいは賃貸

・唯一入っている保険はこくみん共済

あまりモノを持ちたくありません (シンプルに日々の生活を送りたいと願っています)

 

マネーリテラシーは6つの領域に分けられる

  • 「支出と貯蓄」
  • 「クレジットと負債」
  • 「勤労と所得」
  • 「投資」
  • 「リスクと保険」
  • 「金融上の意思決定」

簡単に言うと

  • 稼いた分より使うな
  • 余った金額で米国株インデックスに投資しろ
  • 保険は掛け捨てでよい

かなと思います。稼いだ分より使うなは難しい、自分なりに工夫したのが下記です。

  • ミニマリストになる。それが趣味になる⇒余計なモノを買わないことが趣味になる。
  • 外食をしない⇒家でのご飯を楽しむ。家飲みを充実させる
  • 旅行はマイルとホテルポイントで
  • ...

「投資」の領域では、高校卒業までに「富を築き、ファイナンシャルゴールを達成するにはどうすればよいか説明できる」ことを1つのゴールとしています。

驚くべきことに、そのプロセスとして、10歳相当で「投資をする理由を説明しよう」「単利で得られる利益を計算しよう」「複利で得られる利益を計算しよう」「単利よりも複利のほうがリターンが多く、有利である理由を説明しよう」といった内容を学ぶとされています。日本の小学4年生の子どもが、複利計算を理解しているでしょうか?

さらには、18歳相当で学ぶ項目に「投資を遅らせたときの退職後の結果と、早くから投資したときの利得を比較しよう」とあります。確定拠出年金を多くの企業が導入している現実からすれば、日本の高校生も考えておくべきテーマかもしれません。

Source:

toyokeizai.net