About Us | ブログ概要 | 著者プロフィール

f:id:yougaku-eigo:20210117004805j:plain

少ない給料(実質賃金低下)、税金負担増で少なくなる可処分所得、年収が伸びない日本の若者(ミレニアム世代20-30代)が人並みに恋愛して、結婚し子供を育て人並みに生活し一財産を築くために、賃貸とカーシェアリングで持たない/所有しないミニマリスト的な倹約生活をおくり、最低限の掛け捨て生命保険、格安SIM携帯による節約、家で自重筋トレをして体型を保つことでブランド品を買わずユニクロをシンプルに着こなすことによりファッション代を浮かし、薄毛対策をしっかり行い1000円カットでもイケる頭皮を維持し、自炊と家飲みを充実させ外食費を浮かし、お金の掛からない趣味で人生を楽しみ、陸マイルとホテルポイントで無料で旅行することで旅行代を節約し、副業して副収入を得て、サラリーマン+個人事業主の組み合わせで青色申告と経費計上で合法的に節税し、余剰金を投資に回してインデックス投資で資産運用しながら何とか人生を逃げ切るために必要なライフハックを独断と偏見でメモしていくブログです。

ブログ内容

続きを読む

幼少期のバイリンガル教育というのは英語教育費の大幅削減 - 300万円削減

現地での英語のバイリンガル教育というのは英語教育費の大幅削減に繋がり、額面に現れない海外赴任手当の一つです。

Source: 海外赴任の英語教育。子供の英語習得は300万円の教育費節約!

お家でバイリンガル教育:

米国に交換留学に行くと300万円かかるので、この分が浮くということのようです。留学に行かなくても教材代、塾代、英会話教室代などを長年積み重ねると相当な金額になります。

我が家の方針は0歳から英語をYouTubeでかけ流しです。0-2歳は日本でもアメリカでも家にいる時間が長いので、できる限り英語のかけ流しをしようと考えております。話しかける言葉は日本語中心で、気づいたときは英語で積極的に話しかけております。我が家が参考にしている下記書籍でも英語のかけ流しが推奨されていました。

また米国在住という地の利を生かして、公園、スーパーに行った際に生の英語に触れさせたいと思います。

関連記事

 

safariman.hatenadiary.com

 

 


 

英語教育: 米国で教育を受けておらず英語に触れる機会もないのに話す言葉の8割は英語

米国での教育を受けていませんので、英語に触れる機会もあまりありませんが、話す言葉の8割は英語です。

Source: 米国駐在員の気付き!幼児期のバイリンガル教育はYoutubeで可能である

このブログを見て、幼児英語教育ってこんなに成果が出るのだと驚きました。

日本でも米国でも2歳までなら同じ環境

2歳のお子さんがいっらしゃるようですが、米国駐在で幼稚園等に行ける年齢ではないので家で過ごしていたようです。我が家も全く同じ状況であり、家でほとんどの時間を過ごすなら米国にいてもアメリカにいても同じ環境だと思います。米国ではテレビをつければ英語の番組が流れますが、日本でもTVで英語のYoutubeを流せます。

唯一触れている英語というのは Youtube の子供向け動画

米国で子供を産んで、プレスクールに通う前に帰国した知人を知っておりますが、その方のお子さんも上記ブログの方と同じ境遇であるのにYoutubeでの英語学習により英語が堪能になったようです。やはり、Youtube学習は使えそうです。

 

 

米国駐在ブロガーの先駆者様達が帰国後も資産を増やしている

やはり多くの人に有益な情報を与えられるような人は優秀で資産も貯まってくのだなと、、

f:id:yougaku-eigo:20210914123304j:image
f:id:yougaku-eigo:20210914123806j:image

2018年3月で約2000万円だったので3年で倍に...
f:id:yougaku-eigo:20210914123821j:image

2018年時点で約1000万
2018

 

 

海外駐在員の貯金額: 総合商社丸紅アメリカ駐在で年間300万円貯金

f:id:yougaku-eigo:20210914105155p:image

youtu.be

米国駐在、独身か家族帯同か不明。知り合いの米国駐在(メーカー、子供2人)で年間300万の貯金貯めている方もいるので300万円は達成可能な数字なのかもしれません。全く貯まらないとも聞きます。

関連記事

次の世代、我が子には英語と理系を教えさせるのが正解なのか

f:id:yougaku-eigo:20210913115703p:plain

Source: "日本の非駐文系が詰んでるのはもはや確定路線で日本が観光立国になり、ホテルでの池掃除か荷物を運ぶ係で日々チップで暮らすことになるので、せめて次の世代は英語と理系を教えさせて日本は遊びに来るときだけ戻ればよい。そのとき子供がホテル滞在して子供からチップを貰うまでが一つのサイクルでしょ"

駐在→永住コースで、自分の子供には「これからは理系じゃないと食っていけない、文系なんぞ...」と教え込んで、お子さんが見事にアメリカの理系トップクラスの大学に入学した知り合いのことを思い出しました

300万円くらいをS&P500にブッ込んで30年後に引き出すと5000万円を超える

f:id:yougaku-eigo:20210912212724j:image

小学3年生は9歳、62歳までは52年間。SP500の過去30年の運用成績は9.89%とすると4,260万円になるので、大体この程度になりそうです。

https://keisan.casio.jp/exec/system/1248923562

 

 

良い学歴がないと豊かな人生が送れないのか、勝った側、負けた側

f:id:yougaku-eigo:20210911120922j:image

f:id:yougaku-eigo:20210911120927j:image

名のある大学に入れないと良い稼ぎが得られず幸せな人生が送れないのか・・・自分の子供が勉強のよくできる子になるとかが限らない、自分のように勉強ができず受験を失敗した人がいる一方、妻のように順調に名の知れた大学に入りそのまま大企業に入っている人がいます。全員が良い大学へ進学できるわけではないので、自分の子供にはどんな学歴になっても楽しく生きていけるたくましさを身に付けて欲しいと思います。