90s生まれミレニアル世代のメモ帳/備忘録

アメリカ東海岸の片隅から、読んだ記事や本で気になった箇所をメモするブログ。

お家でバイリンガル教育

メモ: 最近の20代はTOEIC800-900点台の割合が多い?我が子には0歳から英語聞き流しで対策を…

日本は英語喋れるだけで差をつけられるお得な市場

円安と英語が喋れる人材

茂木 健一郎 5歳までにやっておきたい 英語が得意な脳の育て方

「英語教育はできるだけ幼いうちからはじめたほうがいい!」と断言しています。脳科学の発展により言語を認識する脳の構造がだんだんとわかってきており、その見地からも、英語をはじめるのはできるだけ早いほうがいいそうです。 なぜ、5歳までに英語を学ぶ…

サニブラウンの英語学習法: 成長支える語学力 小1まで「家では英語」

https://www.youtube.com/watch?v=fh5pzY70qfg&t=170s Source: 日本人スポーツ選手の英語力: サニブラウン アブデルハキーム 日本生まれ日育ち(純ジャパ/純ドメ) 米国フロリダ大学留学 - YouTube サニブラウンの成長を支えているのが語学力だ。ガーナ出身の…

英語教育を幼児期から自走できていれば後で負荷を下げられる

工藤志昊さん(16)は、4歳から近所の公園に通って2000人以上の外国人観光客に話しかけ英語を学んだ

〈成長の未来図〉知で越える危機(4) ギフテッド封じる平等主義:日本経済新聞https://www.nikkei.com/article/DGKKZO62427840Y2A700C2MM8000/

バイリンガル教育成功者のお言葉

親も教師も、学習者に与えるメッセージとしては「英語ができると、世界が倍になるんだよ」ということだと思うんです

https://www.nhk.or.jp/radio/magazine/detail/my-asa20200121_02.html 親も教師も、学習者に与えるメッセージとしては「英語ができると、世界が倍になるんだよ」ということだと思うんです。英語を勉強することによって、いろいろな知識を吸収することができ…

就学前に流暢に英語を話していても、日本の小学校に通いだしたら見事に英語力を喪失する

日経の記事、小学校高学年からの英語教育について

中学受験せず英語学ぶ:日本経済新聞https://www.nikkei.com/article/DGKKZO80138580V10C22A2KNTP00/

英語塾代は節約したい: 親が英語を話せて9時5時の仕事をしていれば英語塾の費用は要らない

https://twitter.com/tamuramble/status/1531144990512279553?s=21&t=gzpDzhEeTiIwb1m6ckhW9A アメリカに住んでいるので、むしろ日本語の維持の方にお金がかかりそうです。 関連記事 経済的に余裕があっても国際競争力と必ずしも直結していない。橘木氏は「…

純ジャパ/純ドメ 茨城の公立高校からアイビーリーグへ ハーバード大学, カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA), ペンシルベニア大

Source: 茨城の公立高校からハーバード大に合格した18歳が、日本の高校生に訴えたいこと(1/4)〈dot.〉 | AERA dot. (アエラドット) ハーバード大のほか、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)、ペンシルベニア大などにも合格。自分の子供の英語学習に参…

東大アイビーリーグに受かった子の英語学習法

2歳〜 プリスクール登校開始 3歳〜 インターナショナルスクールへ 4歳〜 インターナショナルスクールでは英語 家では日本語

バイリンガル教育の体験談 0歳からのかけ流しと1歳8ヶ月からだと結果に差が?

メモ。 0歳から始めた方が効果があるということでしょうか... DWE

NHKラジオ英語講師: 父の洋楽好きの影響で、英語に関心を持った。

父の洋楽好きの影響で、英語に関心を持った。父は1950年代の米国の音楽が大好きで、休日にはディーン・マーチンやペリー・コモ、フランク・シナトラなどのレコードをよく聴いていました。私も父と一緒に何時間も聴いていて、自分たちとは違う言葉がある、と…

自分の子どもには「日本に軸足を置いたバイリンガル」になってほしい...

自分の子供には「日本に軸足を置いたバイリンガル」になってほしいと思っております。そのために0歳から自宅でバイリンガル教育をトライしております。 幼少期からインターに通わせたのは「日本に軸足を置いたバイリンガル」になるためで、海外大に行くのも…

学習指導要領を超える水準の英語を習うことができる生徒は、学習塾の高い月謝を支払い、私立校を受験できる経済的に恵まれた家庭の子供だけである

中学入試に英語は必要か:日本経済新聞https://www.nikkei.com/article/DGKKZO59198460Y2A310C2KE8000/ 家庭内でYouTubeを使って幼児期の英語教育が効果的にできるなら経済格差は関係なくなるのではと思います。"0歳からYouTubeで英語の掛け流しをする"こと…

中学受験の塾代250万円 - 社会で生きていくのに必要な能力やスキルは変わりつつある、ゼロから何か生むような創造性やマネジメント能力が必要だ。受験テクニックを教えるような日本の教育は通用しなくなってきている

〈グローバル教育 政策を読む〉データ編(中)暗記型、国際化と隔たり:日本経済新聞https://www.nikkei.com/article/DGKKZO80077700Q2A210C2PD0000/ 日経の記事によると通塾者の学習塾への平均支出額は: 公立小6 - 18万7千円/年 私立小6 - 59万5千円/年 公立…

遺伝が全て: 語学は家庭環境の影響が大きい

ほとんど遺伝で決まる。外国語の習得だけは家庭内(共有環境)の環境が影響しそうなので英語だけは親の頑張り次第の可能性がある。あとは学校など家庭の外の環境(非共有環境)が結構影響するので、子供が育つ場所は適切に選ぶ必要がありそうです...

幼少期のバイリンガル教育で英語教育費の大幅削減 - 300万円削減

現地での英語のバイリンガル教育というのは英語教育費の大幅削減に繋がり、額面に現れない海外赴任手当の一つです。 Source: 海外赴任の英語教育。子供の英語習得は300万円の教育費節約! お家でバイリンガル教育: 米国に交換留学に行くと300万円かかるので…

英語教育: 米国で教育を受けておらず英語に触れる機会もないのに話す言葉の8割は英語

米国での教育を受けていませんので、英語に触れる機会もあまりありませんが、話す言葉の8割は英語です。 Source: 米国駐在員の気付き!幼児期のバイリンガル教育はYoutubeで可能である このブログを見て、幼児英語教育ってこんなに成果が出るのだと驚きまし…

中学高校とインターナショナル・スクールへ通っていました。上智大学卒業後、仕事の関係でニューヨークに渡り、そのまま25年ほど住んでしまいました

https://therakejapan.com/tokyo/japan/20171025/8566/ 子どもをインターナショナルスクールに入れる財力はないですが、英語が話せるようになる環境づくりをしてあげたいと思いました。 何ができるか: 子どもはアメリカ生まれなので、公園、スーパー等、英語…

海外経験のない小学6年生がTOEI980を獲得した方法

小6でTOEIC980を獲得された方が紹介されていた番組があり、自分の子供の英語の勉強に参考になるかなと思い、内容をメモ。 彼女のことを調べていたら、この番組収録して少し経ったくらいと思われる時期に学校体育時の事故が原因で「脳脊髄液減少症」を発症し…

ハーバード生は 外国語をどう学んだのか - ほぼ全員が外国語の文化やエンタメにどっぷりハマること(cultural immersion)と回答

2019年9月に訪れたハーバード大学の売店 『英語で一流を育てる――小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』の著者が書いてるダイモンドオンラインの記事で気になった箇所があったのでメモ。小学6年でTOEIC980取った方は洋書に興味を持ち、幼いこ…

モンテッソーリ教育の実践方法: 0-3歳にネイティブの英語を聞かせるとリスニング能力が向上する

Source: https://www.youtube.com/watch?v=1FLFeWY4VaA 幼児英語教育に触れている動画があったのでメモ。 0-6歳までがGolden Time。特に無意識的記憶をする0-3歳が重要。この期間に本場の英語の発音を聞かせることで後の聞き取り能力に差が出るらしいです。

0歳からの英語教育 - 日本人の脳は英語(英語の音)が聞きとれない

「脳科学言語調査 - ALIS」という記事を見ました。日本人は英語を聞き取れない。私と妻はフォニックス(英語発音の法則)を勉強してからリスニングの能力がアップしたので発音できない音は聞き取れないということを身をもって体感しております。ので、子供に…

「英語は0歳から始めてほしい」- 2人のバイリンガル育てた専門家の視点

たとえ、私のように中学生のときに英語と出会い、英語が大好きになったとしても、そこからの英語学習には多大な苦労を伴います。「外国語ができるようになること」は、想像以上に労力と時間がかかるもの。 自分も妻も語学学習の臨界点を超えてから語学の勉強…

英語バイリンガル教育: 0歳からの英語かけ流しについてGoogleしてみました

今まで読んだバイリンガル教育本 子どもの未来を広げる「おやこえいご」 作者:小田せつこ 発売日: 2019/05/20 メディア: Kindle版 おうちでほぼバイリンガルの育て方 発売日: 2019/12/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) シリコンバレー式 世界一の子育て …

書籍: 世界で活躍する子の<英語力>の育て方

世界で活躍する子の<英語力>の育て方 世界で活躍する子の<英語力>の育て方 作者:船津徹 発売日: 2019/06/20 メディア: Kindle版 内容を事前に調査。この本でもかけ流しは推奨されているようです。 英語といえば英会話が大事!と思っていたが、英語学習には…