新人で配属された社長室国際渉外室は英語の上手な人ばかりで、海外から来た英文の手紙を訳すと真っ赤に直されました。返事を書けば元の言葉がほとんど残らないありさまです。 会社に行くのが嫌になるほどでした

就職して英語漬けになったおかげで、英語の本をよく読む。

愛読書は英語の本が多いのですが、学生時代からそうだったわけではありません。新人で配属された社長室国際渉外室は英語の上手な人ばかりで、海外から来た英文の手紙を訳すと真っ赤に直されました。返事を書けば元の言葉がほとんど残らないありさまです。

会社に行くのが嫌になるほどでした。英語を厳密に使うように求められると同時に、とにかく英語の新聞や本をたくさん読みなさいと言われました。こうして仕事の一環でもあった英語の読書が、趣味になったのです。

Source - (リーダーの本棚)ブリヂストン会長兼CEO 津谷正明氏 本来の自分と向き合える :日本経済新聞