就職先は地元の塗料メーカー。得意の英語力を生かして輸出業務も担う。

大学が主婦や社会人女性向けに開講している「リカレント教育」が進化している。インターンシップやゼミなどより実践的なカリキュラムを取り入れている。働く女性が増えたとはいえ、国際的に見れば日本の現状は見劣りする。真の女性活躍へ――大学も底上げに一翼を担う。

「今年4月に7年ぶりの正社員復帰です」。福岡県の福留奈那さん(39)は笑顔をみせる。就職先は地元の塗料メーカー。得意の英語力を生かして輸出業務も担う。

大学卒業後に旅行会社に就職した。海外留学を経て英語講師に転職したが、2012年に長男を出産して退職した。ただ40歳を目前に考えた。「もう一度、しっかり働きたい。自分の力を試したい」

style.nikkei.com