マーケット感覚:総合商社の面接で「TOEIC900点です」と言ってもダメ

田端 それで言うと、総合商社の面接で「TOEIC900点です」と言ってもダメなんですよ。だって、商社の社員には、TOEIC満点レベルの人がごろごろいますから。面接官から見て、理解の範疇に収まってる時点で、求職者としての自分に高値はつかない。相手が絶対やってないだろうなってことをやってみるといいと思います。例えば今だったら、ドローンとか。数万円で買えるんだから、実際に飛ばしてペットボトルを配達してみる、空撮した動画をアップしてみる。そして、自分が面接を受ける会社だったらドローンでどんな事業ができるか提案してみる。ポカーンとする面接官もいると思うけれど、そういうチャレンジをおもしろいと思ってくれる会社のほうがいいですよね。

Source: 就活で成功するのは、就活の前にマーケットにさらされていた人 | マーケット感覚を身につけよう | ダイヤモンド・オンライン

 確かに、、総合商社や外資など、帰国子女や米国留学組みがわんさかいる中でTOEIC900をアピールしても埋もれるだけです。

TOEIC900の市場価値が高いところへ行けば、自分の市場価値も上がるし、心理的にも楽になると思います。

参考文書