駐在からの帰国後MEMO:マンションを買う前に、「街の治安」「小学校の雰囲気」を調べる方法

帰国後、どこの賃貸に住もうかとたまに考えますが、やはり環境が気になります。『「東京DEEP案内」が選ぶ 首都圏住みたくない街』でも読んだ方がよいのでしょうか。

diamond.jp

上記ウェブ記事のアドバイスは、直接聞くというもの

  • 治安情報は、インターネットでもある程度の情報は収集できますが、限界があります。その街で長く営業していそうなお店に行き、買物や飲食のついでに聞く
  • 皆さんが思う以上に、「最近このような事件があった」「ここはこのような事件が多い」など、親切に教えてくれる警察官が多いです。
  • 「今、貴校の学区への引っ越しを検討していまして、クラス数や学校の状況などをお教えいただきたいのですが、こちらのお電話でよろしいでしょうか?」

まだ、帰国まで数年ありますが、私の経験では、『「東京DEEP案内」が選ぶ 首都圏住みたくない街』に取り上げらるような沿線や駅の周り出身でも、ちゃんとした企業に勤めている方もいる。公立の方が社会全体が見えてサバイバーになりやすいのでは?と思っている反面、下記ブログで書かれているように「中学校2年まで、成績が良く容姿端麗で、みんなに好かれているような女の子が学校一頭の悪いヤンキーと付き合いを始めて人生が一転した?」した話があるので、何が良いのかわかりません。

中学から私立でお嬢様しかいないようなところで育てるのもリスクのような気がします。お嬢様で自立していない、世間知らずみたいな人も多く見てきましたので...

oreno-yuigon.hatenablog.com