幼少期のバイリンガル教育というのは英語教育費の大幅削減 - 300万円削減

現地での英語のバイリンガル教育というのは英語教育費の大幅削減に繋がり、額面に現れない海外赴任手当の一つです。

Source: 海外赴任の英語教育。子供の英語習得は300万円の教育費節約!

お家でバイリンガル教育:

米国に交換留学に行くと300万円かかるので、この分が浮くということのようです。留学に行かなくても教材代、塾代、英会話教室代などを長年積み重ねると相当な金額になります。

我が家の方針は0歳から英語をYouTubeでかけ流しです。0-2歳は日本でもアメリカでも家にいる時間が長いので、できる限り英語のかけ流しをしようと考えております。話しかける言葉は日本語中心で、気づいたときは英語で積極的に話しかけております。我が家が参考にしている下記書籍でも英語のかけ流しが推奨されていました。

また米国在住という地の利を生かして、公園、スーパーに行った際に生の英語に触れさせたいと思います。

関連記事

 

safariman.hatenadiary.com