アメリカ生活で発見した家事の自動化という合理的な...ストレスのない共働き実現へ

f:id:yougaku-eigo:20190624074255p:plain

駐在でアメリカのアパートメントに住み始めた時に、食洗器、自動乾燥機が備え付だったのに驚きました。日本から持ってきたルンバを合わせれば完全に家事を自動化できるなと思いました。アメリカ人にとって食洗器と自動乾燥機は多くの人が持っていて、共働きの夫婦は平日の夕食はつくらない、ベビーシッターやハウスキーピングのサービスを使って家事を合理化しているのに衝撃を受けました。2019年3月時点で自動食洗器普及率3割の日本に比べて合理的だなと思いました。

日本へ帰国した後、共働きをする予定の我が家も、夫婦がストレスなく家事をこなせる環境作りを検討中です。

 掃除機

前任にルンバとダイソンを譲ってもらったので、それを使用しようております。毎日のルンバとたまにのクイックルワイパー的なもので十分。ルンバが自由に走り回れるようにすること自体が、綺麗な部屋への第一歩です。

アメリカでルンバは安いですし、シャークもあるので帰国前に2個くらい買ってかえろうかなと考えております。

食洗器

アメリカの備えつきに食洗器。渡米前に食器洗いは地味に一日15〜20分くらい時間を取られておりました。食器洗い機なら、皿を入れて、洗剤を入れて、1分で食器が洗える。乾燥までやってくれるので、食器洗いの時間が大幅に短縮されます。『』ということもありますが、日本へ帰ったら必ず買います。

自動乾燥機

こちらも備え付けの乾燥機。一度乾燥機を使う生活に慣れると、洗濯機で服を洗って干して畳んでアイロン掛けまでを全て自分でしていた生活には戻れません。ワイシャツは形状記憶のものしか持っていないので、乾燥が終わってハンガーに吊るしとくだけでOK。

日本では乾燥機付き洗濯機が便利そうです。

 

家事も育児も代行できる!