「人生設計の基本公式」

f:id:yougaku-eigo:20210424070736p:plain

Source: 一生で必要なお金はどれくらい?|はじめての資産形成アシスタント|アセットマネジメントOne

現役時代の過重な必要貯蓄負担を軽減するには:

  • (1)現役期間を延ばす(同時に老後期間が縮む)
  • (2)老後の生活レベルを落とす
  • (3)共稼ぎや副業などで収入を追加する
  • (4)子どもの教育費など現役時代の生活コストを削減する
  • (5)資産の運用で稼ぐ

(2)と(5)に期待しすぎない

日本にあって個人としてどうしたらいいのかは、子ども世代以前に、筆者自身にとっても切実な問題であるが、基本的な対策は、以下の5点だろう。

(1) 長く働く(75~80歳くらいまで)覚悟を決める、
(2) 早めに複数の仕事を持ち、特に高齢になってから働ける道を確保する、
(3) 自分のスキルと健康に、折々に時間とお金と努力とを投資する、
(4) 計算の下に将来に備えて現役時代に貯蓄する(運用は投資でもいい)、
(5) 配偶者などとの家計のダブルインカム化、

Source: 人生100年時代の働き方、日本人にこそ必要な5つの対策 | 山崎元のマルチスコープ | ダイヤモンド・オンライン