Safari Man[サファリマン]のメモ帳 – 米国駐在員20代夫婦が、マイルとホテルポイントのみで旅行し、家とクルマを買わず保険に入らない倹約生活で資産運用をする記録、メモ、日記

備忘録/車3,000万円、住宅購入3,000万円、保険1,000万円を節約し全世界株インデックスファンドに35年間投資をする記録,日記/雑誌Safari[サファリ]のようにメンズセレブファッションを紹介が元々のコンセプト/洋楽歌詞で英語を勉強する方法を紹介/既婚/ニューヨーク駐在中/TOEIC915/陸マイラー/駐在中1,475万円分のマイル・ホテルポイントを稼ぐ/副業・複業(輸出入業)/1990s |

男の見た目 - 薄毛対策は短髪ベリーショート

 面白いツイートを発見。自分が薄毛になった際の対策としてのメモ。薄毛になった時に自分は、

  • AGA関連の内服薬を飲む
  • 植毛

の2つの方法を考えていました。健康的な食事、筋トレ、運動を続けるつもりですが、シンプルにベリーショートにするという方法も良さそうだと思いました。

関連画像

関連画像

↑は松本圭司氏という方で「起業家として、自らの事業に情熱を燃やしている。テーマは自身のコンプレックスである「ハゲ」。薄毛の男性に、隠す・増やすではなく「魅せる」という第3の選択肢を提案、自信を持ってもらうことで、より豊かなライフスタイルを実現するサービスを提供している。コンプレックスに抵抗するのではなく、寄り添うことで、あらゆる人々にとって居心地の良い社会を実現することを目指している。」という活動をしているようです。

TED Talkでも話されております。

www.youtube.com

書籍も出されているようです。

関連画像

内容紹介

「髪が薄くなる」ということ。

僕たちはいつまでこの悩みに向き合わなくてはならないのでしょうか?

隠す、被る、生やす、増やす…あらゆる手段を講じてみても、根本的に解消するのは難しい頭髪事情。そこで本書では、薄毛でもかっこよくなれる具体的なノウハウを提示することで、【薄毛を受け入れ、薄毛に似合ったオシャレをする】という、海外では当たり前だけれども日本では浸透していないこの考え方と、「カルヴォ(薄毛を魅力的に活かした男性)」の概念を通して、世の男性に「薄毛を魅せる」という新しい選択肢を提案します。

薄毛は悪いことではなく、「魅力的に活かす」ことで人生は明るくなる――ということを伝える日本初の【薄毛肯定本】!

本文には、〝僕はこうしてハゲを脱した「ハゲ抜け」エピソード集" や〝女性300人を対象にした独自アンケート「女性視点でのハゲ・薄毛男性に対する意識調査」結果"を盛り込んだ、内容満載の一冊となっています。
 

著者について

松本圭司(まつもと・けいじ)
1973年生まれ。神戸市出身。
慶応義塾大学環境情報学部(SFC)卒業、
神戸大学大学院経営学研究科専門職大学院課程修了(MBA)

大学卒業後、日系メーカー3社で勤務。
その後、自身が経験した、ハゲ薄毛の悩みを解決する方法を探すため、神戸大学MBAプログラムにて「ハゲ」をはじめとした「恥」をいかにしてビジネスにするかについてアカデミックに研究。研究成果は学内にて最優秀賞を獲得。薄毛を隠す・増やす手段以外で解決することを目的とした事業案で森永製菓主催のビジネスプランコンテストに入賞したことをきっかけに2016年8月、株式会社カルヴォを設立。現在に至る。