脂っこい食生活が「薄毛」の要因

Source: 脂っこい食生活がやっぱり「薄毛」の要因になる!? マウス実験で解明されたメカニズムを研究者に聞いた - ライブドアニュース

  • その結果、加齢マウスは高脂肪食を1カ月間食べ続けると抜け毛が再生しにくくなって毛が薄くなり、若いマウスも高脂肪食を数カ月間続けると薄毛になった
  • また3カ月以上にわたって高脂肪食を摂取したマウスは、毛髪の元となる毛包幹細胞の中に脂質が溜まり、表皮や脂腺に変化。その結果、毛包という毛根を包む組織が委縮するため、毛が細くなったり生えなくなったりする脱毛症の症状が現れる
  • メタボリック症候群で男性型脱毛症のリスクが高くなることは疫学的な調査から知られている。高脂肪食摂取による肥満や遺伝性肥満では脱毛が促進される

  • マウスの高脂肪食を人間の食事に例えると脂分の多いステーキや揚げ物に相当

薄毛が進んでしまったら、食生活を改善しても元に戻らない?

幹細胞が残っている毛包では改善の余地がありますが、幹細胞がなくなって毛包自体が小さくなりすぎていたり消失してしまっていると戻れません。

――今回の実験結果は人間でも同じことが言えるの?どうしたら薄毛を防げる?

マウスとヒトの毛包は毛の生えるしくみや疾患などよく類似しており、ほぼ同じであると考えています。若いときから幹細胞がなくならないようにバランスの良い食生活が必要です。