備忘録: 大増税時代には、外食するとバカみたいに税金をむしられまくる

f:id:yougaku-eigo:20190611235417p:plain

増税時代には、外食するとバカみたいに税金をむしられまくる

Source: やがてくる大増税時代に豊かに生活するために準備すべきこと - 分裂勘違い君劇場 by ふろむだ

 物価が高いだけなのであまり関係ないかもしれませんが、アメリカのNYに住んでいて外食するとバカみたいに高いのと自炊すればかなり節約できることに気づき(当然のことですが...)、自炊の癖をつければ、この記事に書かれている大増税時代に適応できるのではとふと思いました。

 レストランで出される料理の値段には、そのレストランを運営している役員や従業員が受け取る給与にかかる所得税の一部が転嫁されている。*1

それに加えて消費税までかかるので、レストランで食べる料理の値段にはかなり税金がかかってしまうことになる。


それだけではない。レストランで支払いをするお金は、自分で働いて稼いで、所得税をむしられた後のお金だ。


今は税率が低いのでこれらの問題が顕在化していないが、税率がぐんぐん上がって大増税時代になると、外食するのは税務署のカモにされにいくようなものになる。


これはお総菜でもコンビニ弁当でも同じだ。
それらは会社組織によって組織的に作られるのでその会社組織で働く人にかかる所得税の一部がが商品価格に転嫁され、さらに消費税もかかる。

重税国家でサバイブするコツは、貨幣システムが介在しない生産と消費を心がけること


一方で、自炊をすると材料費と光熱費にしか税金はかからないから、むしられる税金はずっと低くなる。

要するに、重税社会というのは貨幣システムの利用料がバカみたいに高くなる社会だ。
だから、大増税時代には、貨幣システムを使わずに生産と消費をするのが基本戦略の一つになる。*2


自炊というのは、ようは、自分で商品を生産し、自分で商品を消費するということだ。
自分で生産したものを自分で消費するのだから、そこに貨幣取引は介在せず、所得税も消費税も一切かからないわけだ。

もっと正確な言い方をすると、「出来上がった料理の価値」と「原材料の価値」の差分が付加価値で、自炊するということは、この付加価値を生産し、消費するということになる。外食をすると、この付加価値の生産と消費の両方にさまざまな形で課税されるが、自炊の場合は付加価値の生産にも消費にも課税されない。

より美味しいモノを食べるのに取るべき戦略が変化する

いままでは、より美味しいモノを食べるには、「より多くお金を稼ぎ、高いレストランに行く」のが正しい戦略だった。
しかし、大増税時代においては、この戦略では、税負担が重すぎて疲弊してしまう。

増税時代においては、より美味しいモノを食べるには、自分で自炊の腕を磨き、自分で美味しい料理を作れるようにすることに時間とエネルギーを注ぎ込むことが正しい戦略となる。