Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

北米アメリカ・ニューヨーク駐在/商社勤務/1990s/既婚/アメリカ在住陸マイラー | 彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようと

欧州駐在経験者 -「夕刻以降も明るいこの季節が大好きだった」

ニューヨークに来て、20:30まで日が落ちない夏が好きになりました。明るいうちからバーでドラフトを飲む快感...

でも日本の始業時間が近づき段々、憂鬱になっても来ます...

▼時計の針を1時間進めるサマータイムは、夏だけの特別な時を人の手で作り出す試みともいえる。ある欧州駐在経験者は「夕刻以降も明るいこの季節が大好きだった」とブログに記す。ただし「もともと日が長く湿気が少なく、夏休みも長い欧州だからこそ1時間の変更が効果的だったのでは」と分析。日本は別だとみる。

Source: (春秋)「夏のある国に生まれて、私は幸せだと思う」。テレビドラマ「ビーチボーイズ」で、広末涼子さん演じる民宿の娘がそう語 :日本経済新聞