Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

北米アメリカ・ニューヨーク駐在/商社勤務/1990s/既婚/アメリカ在住陸マイラー | 彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようと

なぜ一流アスリートほど英語が上手いのか

 

対談!  日本の英語教育が変わる日

対談! 日本の英語教育が変わる日

 

 

しかし、英語が話せれば世界中がどこでもホームになります。この前、大阪のイーオンキッズのイベントに参加したときのことです。「将来は水泳選手になるんだ」と言っていた男の子がいました。海外で優勝して、インタビューを受けるときに、英語で答えたいというのです。それだけでファンが増えます。まさに、そこが第2のホームになるでしょう。

こうした前向きな子どもが本当に日の丸を背負うようになれば、高いパフォーマンスを発揮すると思います。実力を出し切れるかどうかは、そのときの心の状態で大きく影響します。英語を十分理解しストレスがないという状態はすごく大きい。同じ力を持っているとしたら、心が安定している選手が有利に決まっています。

そして大事なのは、そうした目標設定が英語力を身につけるモチベーションになることです。やはり、必要に迫られた場に自分を置くというのは非常に大切なことです。英語が自分の人生にとって重要かつ必要だという価値観がないと、人間は誰でもなかなか真剣に学ばないものなのです。

Source: イーオン社長「なぜ一流アスリートほど英語が上手いのか」