Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語学習

洋楽の歌詞を教材に英語を勉強しTOEIC 900点台を獲得した方法を紹介するブログ

米音楽界33年ぶりの現象 ビルボードトップ10を男性アーティストが完全席巻

f:id:yougaku-eigo:20170425110953p:plain

 

Forbes Japanの記事で、2017/4/29のBillboard Top100のトップ10が全員男性アーティストになっていると取り上げられていました。

米国の音楽業界で33年ぶりの珍現象が話題になっている。音楽チャート「ビルボード100」の上位10アーティストが全て男性で、女性が一人も入っていないのだ。

これは数年前にレディー・ガガやリアーナ、ビヨンセケイティ・ペリーやニッキー・ミナージュらが上位を独占していたのと正反対の現象だ。2014年と2015年のチャートでは、両年とも女性アーティストが19週連続でトップを記録していた。

今週はエド・シーランの「Shape of You」がトップで、ザ・チェインスモーカーズが2曲(5位: Something Just Like This、10位: Paris)をトップ10に送り込んだ。その2曲のうち1曲Parisは女性シンガーのエミリー・ウォーレンも参加しているがクレジットには記載されていない。

男女混合ユニットの英国のバンド、クリーン・バンディットはアン・マリーとショーン・ポールをフィーチャリングした楽曲で浮上中だが“ボーイズクラブ”とも言えるトップ10に食い込むことは出来なかった。

しかし、こんな皮肉な現象もそう長くは続かないはずだ。11位にはセレーナ・ゴメスと人気DJのカイゴ(Kygo)のコラボ曲「イット・エイント・ミー」が入っており、12位には人気女性シンガーのジュリア・マイケルズも居る。そしてこの2組は勢いを増している。

Source: 米音楽界33年ぶりの珍事 トップ10を男性アーティストが完全制圧 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

 

洋楽関連本

文化系のためのヒップホップ入門 (いりぐちアルテス002)

文化系のためのヒップホップ入門 (いりぐちアルテス002)

 
ビルボード年間チャート60年の記録 1955?2014

ビルボード年間チャート60年の記録 1955?2014