帰国後に夫婦でNISA/iDecoの枠を使い切る

f:id:yougaku-eigo:20191022114553p:image

米国でチャールズシュワブで資産運用した後、帰国後にどのように日本で資産運用すようかと悩んでいたところ、我が家の運用方針を決定づける素晴らしい記事。

米国で開いた証券口座

  1. S&P500インデックス - 50%
  2. 米国以外インターナショナル - 30%
  3. 新興国ETF - 12%
  4. RITE - 8%

USDで100,000ドル~200,000ドルで運用

帰国後

  • NISA(夫) - 3万円+α/月=40万円/年間
  • NISA(妻)  - 3万円+α/月=40万円/年間
  • iDeco(夫)  - 2.3万円/月=27.6万円/年間
  • iDeco(妻) - 2.3万円/月=27.6万円/年間

f:id:yougaku-eigo:20191022114558j:image

帰国後から定年まで30年以上あり、時間はあります。20年でも十分のようです。

  • 元本:1300万円/人(NISA20年: 800万+iDeco20年: 552万円)

f:id:yougaku-eigo:20191022114603j:image

自分たちが運用する30年のシミュレーション。


f:id:yougaku-eigo:20191022114607j:image

夫婦二人で2倍に。という想定。入金力を高め維持するには:

  • 共働き
  • 給与UP
  • 節約
  • 副業
  • 節税