Safari Man[サファリマン]のメモ帳 – 米国駐在員20代夫婦が、マイルとホテルポイントのみで旅行し、家とクルマを買わず保険に入らない倹約生活で資産運用をする記録、メモ、日記

備忘録/車3,000万円、住宅購入3,000万円、保険1,000万円を節約し全世界株インデックスファンドに35年間投資をする記録,日記/雑誌Safari[サファリ]のようにメンズセレブファッションを紹介が元々のコンセプト/洋楽歌詞で英語を勉強する方法を紹介/既婚/ニューヨーク駐在中/TOEIC915/陸マイラー/駐在中1,475万円分のマイル・ホテルポイントを稼ぐ/副業・複業(輸出入業)/1990s |

米国投資一択で良いのか?国際分散投資は?ヴァンガード社は、米国 : 正解は60% : 40%, 80 : 20%

00

Source - 【国際分散】今後10年、本当に米国株式100%投資で大丈夫なのか?覚悟はおありですか?【米国投資】 : バンガードS&P500ETF(VOO)に投資するりんりのブログ

  • 青  ①米国株式市場 100%
  • 赤  ②全世界株式(除く米国)
  • 黄色 ①60②40

Source - 【国際分散】今後10年、本当に米国株式100%投資で大丈夫なのか?覚悟はおありですか?【米国投資】 : バンガードS&P500ETF(VOO)に投資するりんりのブログ

  • 青  ①米国株式市場 100%
  • 赤  ②全世界株式(除く米国)
  • 黄色 ①80②20

面白いブログを発見。自分は米国株一択が怖いのでヴァンガードやチャールズシュワブが推奨する国際分散を行っております。

私の米国証券口座

f:id:yougaku-eigo:20200120102707p:plain

国内のポートフォリオ(両親にNISA運用委託)

f:id:yougaku-eigo:20200120102803p:plain

企業DC

f:id:yougaku-eigo:20200120102925p:plain

バロンズの拾い読みの川田氏は今週のバロンズ副読本「ありがとうアメリカ株20200119」でも米国株一択でした。

f:id:yougaku-eigo:20200120103120p:plain

f:id:yougaku-eigo:20200120103214p:plain

ボーグル氏によれば、長期的に見ると、市場の投資収益率は企業収益の伸びと配当利回りによって決まり、最終的には国内総生産GDP)成長率を反映する。つまり「米国(と世界の)経済が(たとえ減速しようが)拡大している限り、恐らく債券や現金よりも株式の方が収益率は高い」といので、とりあえず株にベットしておこうと思います。

現在の市場状況とは全く異なった状況になる可能性がある

もし、米国外の地域が上昇し、米国が低迷する時期が怖い、耐えきる自信がないという方は、資産を20%ほど米国外株式に配分をするのもいいのかもしれません。

ちまみに、偶然ですが、ジャック・ボーグル氏も(米国人の視点からですが)米国を除く株式は20%以下にするよう述べていたりもします。

Source - 【国際分散】今後10年、本当に米国株式100%投資で大丈夫なのか?覚悟はおありですか?【米国投資】 : バンガードS&P500ETF(VOO)に投資するりんりのブログ

同レポートによれば、米国株のみへの投資に比べ、グローバル株式(60%米国株式、40%米国外株式)への投資はより良いリターンをもたらす可能性があり、10%以上下落する可能性は低くなっています。

ボーグル氏の書籍

[rakuten:book:19144573:detail]

[rakuten:booxstore:12158739:detail]

[rakuten:neowing-r:12565690:detail]

[rakuten:bookfan:12063290:detail]

[rakuten:dorama:13715166:detail]