年収300万円の男性と結婚して出産後も共働きを続けるのが"女の生きる道" - 賃金が上がらないといっても、外食せずに家で鍋をつついて、100円レンタルのDVDを見て、ユニクロを着ていれば、十分に生きて行けるし、幸せでしょう?

画像

 おもしろい記事を見つけたのでメモ。元記事「「女子力を磨くより、稼ぐ力を身に付けなさい!」上野千鶴子さんが描く、働く女の未来予想図 - Woman type[ウーマンタイプ]|女の転職type」。

東京に住んでいたころは車を持たずカーシェアかレンタルか親に借りていたり(米国駐在中は社用車)、米国の物価の高さ(外食)に驚きコロナで引きこもりになって自炊に目覚め家飲みを極めるようになったり、iPhoneYouTubeで楽しめたり、副業や株式運用など金のかからない趣味であったり、服はブランドというより身体のスタイルとフィット感と合わせ方次第という理念のもとユニクロで十分と考えている若者の一人として『外食せずに家で鍋をつついて、100円レンタルのDVDを見て、ユニクロを着ていれば、十分に生きて行けるし、幸せでしょう?』というコメントにはある程度、共感できると思いますが、アメリカや中国のイケイケ感を現地で味わうと寂しい気もあります...

でも、今の日本が成長社会ではなく、“成熟社会”に入っているのは明白な事実。人間の一生に例えれば、穏やかな老後に入りつつあります。だから、現在20代や30代の若い女性たちも、ゆっくりまったりと生きていけばいいじゃないですか。成熟期の社会では、皆が髪を振り乱して働き、他人を蹴落としてまで成長していかなくてもいいんですから。賃金が上がらないといっても、外食せずに家で鍋をつついて、100円レンタルのDVDを見て、ユニクロを着ていれば、十分に生きて行けるし、幸せでしょう? 東日本大震災の後、日常が何事もなく続くのが何よりの幸せだと多くの方々は痛感したはずです。

それに、「給料が安くて子どもが産めない」と言うけれど、年収300万円の男女が結婚すれば、世帯年収は600万円になります。今の平均世帯年収の400万円台を軽く超えますし、子どもに高等教育を受けさせるにも十分な額です。ですから、女性は年収300万円を確保しつつ、年収300万円の男性と結婚して、出産後も仕事を辞めずに働き続ければいい。「年収800万円の男をゲットして、仕事は辞めて専業主婦になろう」なんて考えないことです。望んでも実現できる確率は非常に低いですから。