米国(と世界の)経済が(たとえ減速しようが)拡大している限り、恐らく債券や現金よりも株式の方が収益率は高い

f:id:yougaku-eigo:20191027090356j:image
f:id:yougaku-eigo:20191027072156j:image
f:id:yougaku-eigo:20191027072204j:image
f:id:yougaku-eigo:20191027072200j:image

Source: https://jp.wsj.com/articles/SB11687939370047813834804582174133979812396

一つ朗報がある。ボーグル氏によれば、長期的に見ると、市場の投資収益率は企業収益の伸びと配当利回りによって決まり、最終的には国内総生産GDP)成長率を反映する。つまり「米国(と世界の)経済が(たとえ減速しようが)拡大している限り、恐らく債券や現金よりも株式の方が収益率は高い」というのだ。