Safari Man[サファリマン]のメモ帳 – 米国駐在員20代夫婦が、マイルとホテルポイントのみで旅行し、家とクルマを買わず保険に入らない倹約生活で資産運用をする記録、メモ、日記

備忘録/車3,000万円、住宅購入3,000万円、保険1,000万円を節約し全世界株インデックスファンドに35年間投資をする記録,日記/雑誌Safari[サファリ]のようにメンズセレブファッションを紹介が元々のコンセプト/洋楽歌詞で英語を勉強する方法を紹介/既婚/ニューヨーク駐在中/TOEIC915/陸マイラー/駐在中1,475万円分のマイル・ホテルポイントを稼ぐ/副業・複業(輸出入業)/1990s |

洋楽の歌詞を暗記・暗唱することが応用につながる

f:id:yougaku-eigo:20160826162130p:plain

洋楽の歌詞を歌いまくって歌詞を暗記するがなぜ効果的なのか?暗記した歌詞の英語・英文法・言い回しが頭にこびりつく(インプット)ことによると、それを基に応用ができるのです。

~と言いたいときには、こう言うんだというようにパターンで覚える。

真似して覚えてしまう

 前回にもお話したように、私たちは「暗記・暗唱」に対して強い抵抗感があります。その根底には、「丸暗記しても応用にはつながらない」という思い込みがあるのですが、これは「ルールがあるから…」という昔ながらの発想による弊害だと、私は考えています。

 実際には、暗記・暗唱は応用へとつながります。

 なぜなら、脳はパターンの重なり具合を感知して、そこにある規則性を学び取ることで言葉を習得するからです。そのような学習の場合、文法、つまりプログラムを学ぶ必要がありません。複数の言葉を話す人たちは、この点を直観的に理解しているわけです。複雑な文法解説を行う時代は終わりつつあるといって良いでしょう(※)

 

著者の出版書籍

www.lifehacker.jp

 

関連記事

safariman.hatenadiary.com