S&Pに勝てない:ヘッジファンド解約急増 運用成績に格差、淘汰進む

やはり低コストでS&P500インデックスにぶち込んでおくのが良いのかもしれません。

解約の背景にあるのが、18年の運用成績の低迷だ。同年のヘッジファンドの運用収益は約5%のマイナス。S&P500種株価指数(配当込み)を下回るだけでなく、どの戦略も悪かった。アステラス企業年金基金は今夏、運用先のヘッジファンドを全て売却した。中村裕幸常務理事は「パフォーマンスも出ないしコストも高い」と話す。代わりに不動産やインフラへの投資を検討中だ。

 Source: ヘッジファンド解約急増 運用成績に格差、淘汰進む :日本経済新聞