日本への帰国後、東京のどこに住むか問題 - 共働き実現、治安や学区に加え震災、水害を考慮しないと...

ãæ±äº¬ã水害ãã¶ã¼ãããããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

荒川区墨田区江戸川区江東区はやばそう。東京全体でみるとどうなんだろう。

東京が台風によって大きな被害を受けたのは、1947年の「カスリーン台風」にまでさかのぼる。当時は、膨大な大雨の影響により、利根川や荒川、渡良瀬川で破堤し、多くの家屋が倒壊・流失、浸水。死者は約1100人にも及んだ。

それ以来、東京では71年間、大規模な水害は起きていないのだが、当然ながら、再び起こらないという保証はどこにもない。片田氏によれば、東京でも特に水害のリスクが高い地域は、東部に位置する江東5区(墨田区江東区・足立区・葛飾区・江戸川区)だという。

Source: 東京で大水害なら被害は想像を絶する、直下型地震より警戒すべき理由 | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン

 ãæ±äº¬ã水害ãã¶ã¼ãããããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

住む場所選びの参考になります。地震ハザードマップも併せて確認。

From: 地震に関する地域危険度測定調査 | 東京都都市整備局

ãæ±äº¬ãå°éãã¶ã¼ãããããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ