Safari Man[サファリマン]のメモ帳 – 米国駐在員20代夫婦が、マイルとホテルポイントのみで旅行し、家とクルマを買わず保険に入らない倹約生活で資産運用をする記録、メモ、日記

備忘録/車3,000万円、住宅購入3,000万円、保険1,000万円を節約し全世界株インデックスファンドに35年間投資をする記録,日記/雑誌Safari[サファリ]のようにメンズセレブファッションを紹介が元々のコンセプト/洋楽歌詞で英語を勉強する方法を紹介/既婚/ニューヨーク駐在中/TOEIC915/陸マイラー/駐在中1,475万円分のマイル・ホテルポイントを稼ぐ/副業・複業(輸出入業)/1990s |

TOEICは情報処理テスト - 2時間で200問を解く必要がある

「TOEIC 990」の画像検索結果

2時間で200問を解かないといけないとなると集中力と情報処理能力が勝負だと思います。一応ビジネス英語の力を測るので情報処理能力を試されているのかもしれません。

 上村 TOEICの試験って受けたことがないんですが、どういった試験なんですか?ロイ 2時間で200問解かないといけない試験なんですよ。上村 ちょっと待ってください。2時間で200問ですか?ロイ 200問。上村 それは書くだけじゃなくて?ロイ 最初に45分間リスニングのテストがあって、その後リーディング、読んだりして答えるテストが75分で100問ですね。それで100問+100問で200問あるという。上村 へぇ。すごいですね。1問1答ぐらいで進んでいかないと2時間なんてあっという間ですね。ロイ そうですね、だからそういう意味でちょっと癖のあるテストで、「これ何だろう?」って悩んじゃうと点数が下がっちゃうんですよ。上村 ほう。ですよねぇ。ロイ だから諦めることが大事だったりとか。上村 なるほどね。それこそクイズ番組じゃないけど「パス!」とか(笑)。ロイ だから、のんびりした人とかおっとりした人は点数が上がりづらいというちょっと変わった試験ですね。上村 それで満点取るってすごいじゃないですか!(笑)。ロイ そこは情報処理だと思っているんですよ。僕は。何か英語の試験というよりは、英語を使った情報処理の試験だと僕は思っているので、そう決めたらあとはドンドンこなしていくだけです。

Source: http://logmi.jp/238678