Safari Man[サファリマン]のメモ帳 – 米国駐在員20代夫婦が、マイルとホテルポイントのみで旅行し、家とクルマを買わず保険に入らない倹約生活で資産運用をする記録、メモ、日記

備忘録/車3,000万円、住宅購入3,000万円、保険1,000万円を節約し全世界株インデックスファンドに35年間投資をする記録,日記/雑誌Safari[サファリ]のようにメンズセレブファッションを紹介が元々のコンセプト/洋楽歌詞で英語を勉強する方法を紹介/既婚/ニューヨーク駐在中/TOEIC915/陸マイラー/駐在中1,475万円分のマイル・ホテルポイントを稼ぐ/副業・複業(輸出入業)/1990s |

早起きでない大富豪はいない

早起きが良い理由として、朝日(太陽光)を浴びて生み出される脳内物質"セロトニン"が生み出される。これはよくライフハック系の記事で書かれていますよね。

野中さんの書籍にも書かれていますが、早起きでない大富豪はいないと思いま
す。サラリーマンのとき、私は全然成功していなかったのですけど、早起きはしていました。

 

華僑の方はとにかくみんな早起き。その文化をすんなりと受け入れることができたのはよかったかと思っています。

 

野中さんも、早起きですか? 早起きだと具体的には何がいいのでしょうか?

野中:いつも4時台に起きています。富豪の方々と会うようになり、ここ20年ぐらいは、ずっとそんな感じです。

 

Source: 大富豪は「幸せホルモン」でアイデアを生む (4ページ目):日経ビジネスオンライン