Safari Man[サファリマン]のメモ帳 – 米国駐在員20代夫婦が、マイルとホテルポイントのみで旅行し、家とクルマを買わず保険に入らない倹約生活で資産運用をする記録、メモ、日記

備忘録/車3,000万円、住宅購入3,000万円、保険1,000万円を節約し全世界株インデックスファンドに35年間投資をする記録,日記/雑誌Safari[サファリ]のようにメンズセレブファッションを紹介が元々のコンセプト/洋楽歌詞で英語を勉強する方法を紹介/既婚/ニューヨーク駐在中/TOEIC915/陸マイラー/駐在中1,475万円分のマイル・ホテルポイントを稼ぐ/副業・複業(輸出入業)/1990s |

日本の英語教育ではこのような「覚える学習」を「暗記・暗唱は応用につながらない」と考えて、避ける傾向が強いですが、これは大きな思い違いです。

f:id:yougaku-eigo:20170214113029p:plain

 

洋楽も同じことが言えると思います。好きな洋楽、それがEDMであろうがR&BだろうがHipHopだろうが何だろうが、好きな曲ならせめてサビ部分ぐらいなら『どんな歌詞なののだろう?』と思うことがあると思います。

映画では台本ですが、洋楽では歌詞で英語を確認します。英語と意味(和訳)を確認し、一緒に歌うことで英語の歌詞を覚えるのがPerfectだと思います。

実際に洋楽の歌詞で使われている表現はビジネスや日常会話で使えます。わたしの英語力(大したものではありませんが..)は洋楽で覚えた英語表現暗記と応用で成り立っています。

 私の著書では洋楽英語勉強法を細かく解説しておりますが、暗唱の重要さには大きく振れておりませんでしたので本ブログにて再度、強調しときたく思います。

 

何度でも観たい映画・ドラマが見つかれば、気になるセリフを英語字幕で確認したり、台本(スクリプト)にマークしたりして、シーンを思い浮かべながら何度も声に出して覚えてしまって下さい。その際、その役者に成り切ることができればパーフェクトです。

 日本の英語教育ではこのような「覚える学習」を「暗記・暗唱は応用につながらない」と考えて、避ける傾向が強いですが、これは大きな思い違いです。

 Source : 映画・ドラマを使った具体的な学習法:日経ビジネスオンライン