Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

北米アメリカ・ニューヨーク駐在/商社勤務/1990s/既婚/アメリカ在住陸マイラー | 彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようと

SICKO MODE - Travis Scott Featuring Big Hawk, Swae Lee & Drake 歌詞 和訳で覚える英語表現

ビルボードBillboard Hot 100)で初登場4位...すぐに全米のラジオでヘビープレイされそうです。

2018年8月16日時点のチャートです。

f:id:yougaku-eigo:20180815234014p:plain

洋楽の歌詞で覚える英文法・英語表現シリーズ..今回は、表題の曲のサビ・コーラス歌詞に使われている英語表現をご紹介します。

洋楽の歌詞で英語をチェックすることで表現力を高める

著者は洋楽の歌詞で英語を学習してきましたが、この記事内で行っているように洋楽の新曲がリリースされる度に、サビ・コーラスを中心に歌詞のわからない箇所や英語表現をチェックしておりました。歌詞の意味をある程度、理解した上で毎日の通学・通勤の時に洋楽を聞いたり、家でサビ・コーラス部分を口ずさむことで、知らず知らずに英語の語感が身に付き、歌詞の中に含まれている様々な文法ポイント語順=英文の規則性を身に付けることができました。

safariman.hatenadiary.com

大阪観光大学国際交流学部池田 和弘教授の日経ビジネスオンラインの記事でも洋楽の歌詞で英語を勉強した学生の話が取り上げられていました。彼の何千人もの学生や社会人の教え子の中で、明らかに日本人離れした、素晴らしい英文を書く生徒がいたらしいのですが、その学生さんは洋楽の歌詞で英語を英語を勉強してきたようです。その文章は、語句の使い方が日本人離れしていたというのです。

彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。楽しいから歌詞の意味を理解しようとし、そのまま覚えて、歌った――彼にとっての「英語の勉強」というのは、たったそれだけだったわけです。もちろん、学校での学びもある程度は意味があったかも知れません。しかし、書いた英文から判断して、その英語力の大半を歌詞からつかみ取ったことは間違いありませんでした。

Source: 日経ビジネスオンライン

洋楽が優れた学習素材である理由

洋楽学習方法についての詳細は、以下、私の著書を紹介いただいているLifehacker(ライフハッカー)の記事、洋楽学習法の詳細を記載した記事、洋楽学習に関する情報集をご参考ください:

Music Video

youtu.be

サビ・コーラスの歌詞で覚える英語

[Chorus: Drake & Travis Scott]
She's in love with who I am
Back in high school, I used to bus it to the dance (yeah)
Now I hit the FBO with duffels in my hands

I did half a Xan, thirteen hours 'til I land
Had me out like a light, ayy, yeah, like a light, ayy, yeah

Source: Nicki Minaj – Ganja Burn Lyrics | Genius Lyrics

  • be in love with - 
  • who I am - 
  • back in -【副】 ~に遡って、~の頃に、~の時に 【句動】 戻る、再開する、復帰する、復活する、返り咲く 逆算粉飾する
  • used to -【助動】 よく~したものだ、昔は~していた、以前は~したものだった◆過去の習慣や長期的な反復行動を表す。◆疑問文・否定文では、通常didまたはdidn'tが使われる(used you to?やused not toは古風)。その場合、理論的には(did you want to?やdidn't want toから類推するなら)didまたはdidn't + use toと表記する必要があり、didまたはdidn't + used toの形は正しくない。しかし、現実には後者の形を容認する人も多い。どちらでも発音は事実上同じで、それも表記の揺れの一因とみられる。 ・What games did you use to play when you were little? : 小さい頃、どんなゲームでよく遊びましたか? ・She used to play volleyball every week. : 彼女は毎週バレーボールをしていた。 ・I used to go shopping with my mother, but I don't any more. : 以前は母と一緒に買い物に行ってたけど今はもう行かない。 《過去の状態》以前は~だった
  • bus - 動詞 自動詞 1バスで行く. 2《米口語》 (レストランなどの)給仕人の助手をする. 他動詞 1[bus it で] バスで行く. 2(人種差別をなくすために強制的に遠くの学校へ)〈学童を〉バスで運ぶ. [OMNIBUS の短縮形]
  • FBOFBO (航空) ※プライベートジェット関連 FBO (英語: fixed base operator の頭文字) または運航支援事業者とは、空港内または空港隣接地を拠点として、ゼネラル・アビエーションの航空機とその運航業者などに対して関連サービスを提供する事業者をいう。
  • duffule -