Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語学習

洋楽(Pop、R&B、EDM、HipHop、Rockなど)を素材に、日常会話で用いられる英単語・英語表現を紹介。「洋楽の歌詞の脚注」がこれほど大きな価値をもつとは誰も予想していなかったと思います。歌詞の意味を知りたいという需要は想像以上に巨大です。洋楽の歌詞には、人生について、現在の社会や世界について、さらには経営について学ぶところが極めて多いと常日ごろから思ってきました。-Genius創業者

外資の社長になった人も最初は英語が喋れなかった

誰でも最初の大変な時期を乗り越えてきたのですね...

最近、英語をより磨くには海外赴任しかないなと考えております。

 

 

赴任直後は、とにかく英語が通じなかった。会議で言葉を発せずにじっと固まっていたときに、同僚の米国人に憐れみの目で見られたときにはプライドが傷ついてノイローゼになりそうだった。マクドナルドに行って、コーヒー!と言ったらコーラがでてきたときには、自分が全否定されたような気持ちになってうちひしがれたものだ。

 しかし、落ち込んでいる場合ではない。とにかく何かしゃべらないことには、固定電話も開通できないし、家具も届かない。生きていけないのだ。そういう環境におかれると人は強くなるから不思議だ。「文法なんてどうでもよい!通じてくれ!通じさせる」と単なる言葉にも関わらず気合いがこもる。そうこうしているうちに段々と、欲しいのものが手にはいるようになっていくのだ。

 

記事:

business.nikkeibp.co.jp