Safari Man[サファリマン]のメモ帳 – 米国駐在員20代夫婦が、マイルとホテルポイントのみで旅行し、家とクルマを買わず保険に入らない倹約生活で資産運用をする記録、メモ、日記

備忘録/車3,000万円、住宅購入3,000万円、保険1,000万円を節約し全世界株インデックスファンドに35年間投資をする記録,日記/雑誌Safari[サファリ]のようにメンズセレブファッションを紹介が元々のコンセプト/洋楽歌詞で英語を勉強する方法を紹介/既婚/ニューヨーク駐在中/TOEIC915/陸マイラー/駐在中1,475万円分のマイル・ホテルポイントを稼ぐ/副業・複業(輸出入業)/1990s |

Zeddはドイツ人のはずですが、英語がとても流暢です 動画アリ

f:id:yougaku-eigo:20160830172601p:plain

Zeddはロシア生まれのドイツ人ですが、英語を以下の動画より流暢に話します。ヨーロッパ人なのでもともとうまいのかもしれませんが、

インタビューでClarityを作曲した当初は英語力が低く英語の歌詞を理解出来なかったが、いまでは理解できるようなことを言っているのでかなり勉強したと思われます。

 

I made “Clarity” a long time before it actually came out, and my English was not nearly as good as it is today, so I had a really hard time understanding a lot of lyrics. This time, my English was good enough to the point where I hear a lyric and it immediately pops out as: “I can’t say that, that’s just weird.”

 

 

注目記事

safariman.hatenadiary.com