Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

北米アメリカ・ニューヨーク駐在/商社勤務/1990s/既婚/アメリカ在住陸マイラー | 彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようと

英語力を強みに防衛省で15年にわたって働き、米国防総省(ペンタゴン)で初の日本人 | 日本人初の米ペンタゴン勤務 英語がこじ開けた扉

関連画像

この方は帰国子女ではないようです....

 私は日本の大学で国際政治学を学んだ後、英ロンドン大学大学院へ進学し、国際政治の知識と語学力を身につけました。そして帰国後、公務員試験(防衛庁職員採用試験)を経て防衛庁(現防衛省)に入庁。1年目はお茶汲みやコピー取り、翻訳業務などをしていたのですが、2年目になって大臣通訳に抜擢されたのです。

 それまでは大舞台での通訳経験もありませんでした。「間違って訳してしまったら大変」と、毎日汗がドバドバ出ていたことを覚えています。その後、歴代6人の大臣通訳を務め、国際情勢の分析や国際広報の業務にも携わりました。その間、国際会議などの場で世界のトップたちの近くで過ごす機会を多く得られたことは本当にラッキーでした。

Source: 日本人初の米ペンタゴン勤務 英語がこじ開けた扉|出世ナビ|NIKKEI STYLE