Safari Man – 海外駐在日記 | 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。これには二度驚きました。  よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。

もう生きたくない、ただ死にたいんだ - 衝撃の歌詞とミュージックビデオ

https://www.instagram.com/p/BZBLgRDBJA7/

Logicの全米自殺予防ライフライン(National Suicide Prevention Lifeline)の電話番号が曲名となった曲です。

曲名である"1-800-273-8255"は、全米自殺予防ライフライン(National Suicide Prevention Lifeline)の電話番号であります。この曲では、Logicは自殺が人々が抱える問題に対しての解決策には絶対にならないことを表現しております。彼は、助けになる人やことは何時でも使えるということを人々に分かってほしいと思っています。例えば、先に出てきた全米自殺予防ライフライン(National Suicide Prevention Lifeline)などがあります。この曲はNPSL(略)とのパートナーシップをベースにリリースされた曲です。

関連画像

safariman.hatenadiary.com

On “1-800-273-8255”, Logic shows that suicide is never the answer to anyone’s problems. He wants people to know that there is always help available, like the National Suicide Prevention Lifeline, whose phone number is the title of this song. In fact, the song was released in partnership with the NSPL.

In an interview with Genius, Logic said that this song details the story of someone calling the NSPL wanting to commit suicide but after a conversation with the NSPL representative, the caller soon after decides he wants to live.