Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

北米アメリカ・ニューヨーク駐在/商社勤務/1990s/既婚/アメリカ在住陸マイラー | 彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだことはありません」と答えたのです。よく話を聞いてみると、彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようと

日経に取り上げられていた英語国内勉強派の奥様の洋楽英語勉強

「TOEIC900」の画像検索結果

日本経済新聞グローバル化が進み、英語を学ばなければならないビジネスパーソンが国内で自身が国内のみで英語力をアップさせた方法を紹介している記事の中で、一人の男性の方の奥様が洋楽を使って英語を勉強する方法を紹介していました。

英語の達人や多言語を話す人の英語勉強方法に共通するのは、リスニングから入るということです。言葉を覚えるスタートは『聞く』からはじめるのが良いのかもしれません。

音感がいい人には、妻の英語学習法が参考になるかもしれないとも助言する。徹底的に音から入るやり方だ。あらゆるジャンルの洋楽を聴き、発音や単語の意味を学ぶ。1年前に2人で海外に出かけたときには、彼女の方が流ちょうだったと話す。

Source: この夏こそ英語力アップ レベル別オススメ勉強法 :日本経済新聞

 

関連記事

safariman.hatenadiary.com