スキルを序盤で買う - 英語を20歳でマスターしていたら、おそらく60年近く、人生の選択肢や収入に大きな影響をもたらします

スキルを序盤で買う
では実際に、「よい借金」の具体例を見てみましょう。一番わかりやすい「よい借金」の例は、教育やスキル習得のための借金です。

たとえば英語のような能力。英語を80歳で取得しても、10年ほどしか役立ちません。その用途もほとんど趣味でしょう。一方で英語を20歳でマスターしていたらどうでしょう。おそらく60年近く、人生の選択肢や収入に大きな影響をもたらします。

Source - 借金の本質とはタイムマシンである|深津 貴之 (fladdict)|note

 学生時代に頑張って英語を勉強しTOEIC800点台を獲得したことがきっかけで、海外出張や海外旅行、そして海外駐在のチャンスを得られたので、英語のようなスキルは早めに習得した方が良いと実感しました。渡米後、妻に早めにTOEIC900点台を獲得するようにアドバイスをしたのも自分の実体験から来ております。