お金を残す手段、節約するより○○しろ...

ほとんどの人が知らない】お金を残すための必須条件とは!? - YouTube

www.youtube.com

このYouTubeでも節税を勧めております。サラリーマン+個人事業主という考え方。多くの人は個人事業主と認められる副業をしたり、マイクロ法人を作るのは難しいような気がします。せどりでさ安定した収入を得られるようにはそう簡単ではない気がします。

個人事業主

職業が個人事業主
無職の者でも、例えば、○○商店等の屋号を作り、税務署に開業届を提出し[3]、一個100円で仕入れた商品を200円で売る商売をはじめ、継続的・反復的に商売を行えば、個人事業主となる(開業届を提出した時点で個人事業主である)。また、無職の個人でもブログでのアフィリエイト収入、オークションサイト等を利用した収入などがあれば個人事業主と名乗ることは可能である。このように個人事業主となるためのハードルはかなり低い。

また、世間一般的に個人事業主は株式会社の経営者と間違ってイメージされていることもあるため、職業詐称に使われることが非常に多い。知人や交際相手の職業が自営業という場合は、具体的にどのような仕事なのかを確認する必要がある。また、年収の場合は、年商(売上高)のことなのか所得(利益、課税所得)のことなのかも確認する必要がある(薄利多売や利益率の悪い業界の場合、実際的に個人事業主に入ってくる利益が売上高に比べて極端に少ないことがよくある)。 なお、タレント等の芸能人が「個人事務所」を有することあるが、個人と称しながら会社組織であることが多い[4]。この場合は、個人事業主ではなく、法人経営者である。

関連記事

safariman.hatenadiary.com