日本の会社員の平均年収が500万円であるのに対し、GAFAのエンジニアの平均年収は日本円で2000万円を超える。それゆえ「米国で働きたい!」と考える人が多いのだと思います。しかし、この数字だけを見て、「米国で働いた方がよい」と結論付けるのは早過ぎます。

背景には、低迷する日本の経済と、GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)に代表される米国のIT(情報技術)企業の躍進があります。日本の会社員の平均年収が500万円であるのに対し、GAFAのエンジニアの平均年収は日本円で2000万円を超える。それゆえ「米国で働きたい!」と考える人が多いのだと思います。

 しかし、この数字だけを見て、「米国で働いた方がよい」と結論付けるのは早過ぎます。

Source - 実力主義の米国で生き残れる日本人はわずか、されど…:日経ビジネス電子版

 この話は同僚とよく話題に出ます。平均年収500万でどうやってサバイブしているんだ?

理由は:

Source 

business.nikkei.com