Netflixを見るなどの受動的な活動よりも、運動などの能動的な活動に余暇時間を多く費やしているから

富裕層は普通の人とは異なる方法で余暇を過ごす。

  • 富裕層はたいていの人より幸せだが、それは必ずしも彼らがより多くのお金を持っているからではない。

    Source - 時間の使い方が成功の秘訣…富裕層が幸せなのは、お金を持っているからではない | Business Insider Japan

    時間の使い方が富の形成に影響する

    例えば、富裕層は個人の成長により多くのエネルギーを注いでいるようだ。ファローの調査によると、彼らは週に約5.5時間は読書をし、約6時間運動している。平均的なアメリカ人はそれぞれ2時間、2.5時間だった。

    さらに、平均的なアメリカ人はソーシャルメディアの閲覧やビデオゲームに多くの時間を割いており、百万長者がそれに費やす時間は比較的少ない。平均的なアメリカ人の週14時間に対して、百万長者はソーシャルメディアに平均2.5時間を費やしている。ちなみに、Social Psychological and Personality Science誌に掲載された論文によると、オランダでは富豪も一般人も12%の時間を電話とコンピュータに費やしているという。

    ファローはまた、裕福な人たちの方が集中力をうまく管理できることも発見した。

    「成功した個人は、感情や認知的なことを含めて、自分のリソースをどのように使っているかを認識している」