Safari Man[サファリマン]のメモ帳 – 米国駐在員20代夫婦が、マイルとホテルポイントのみで旅行し、家とクルマを買わず保険に入らない倹約生活で資産運用をする記録、メモ、日記

備忘録/車3,000万円、住宅購入3,000万円、保険1,000万円を節約し全世界株インデックスファンドに35年間投資をする記録,日記/雑誌Safari[サファリ]のようにメンズセレブファッションを紹介が元々のコンセプト/洋楽歌詞で英語を勉強する方法を紹介/既婚/ニューヨーク駐在中/TOEIC915/陸マイラー/駐在中1,475万円分のマイル・ホテルポイントを稼ぐ/副業・複業(輸出入業)/1990s |

資産形成の成否を決める最大の要素は運用ではなく、「働いて稼いだお金をいかにたくさん貯めるか」

「大江英樹」の画像検索結果

ごもっともです。バロンズ拾い読みの川田氏も毎月3万円でなく5万、6万積み立ててみなさいとおっしゃておりました。

こう言ってしまうと身も蓋もないのだが、資産形成の成否を決める最大の要素は運用ではなく、「働いて稼いだお金をいかにたくさん貯めるか」というところにある。つまり、毎月の積立額を増やせば、複利運用による増加など取るに足らないものになってしまうというわけだ。

 

 例えば、前述の例のように毎月2万円ずつ、20年間積み立てて3%で複利運用する場合、元利合計金額は657万円となるわけだが、積み立ての金額を3万円にしたら、たとえ運用による利益がゼロであっても、積み立て元利合計金額は720万円となる。

 もちろん積み立ての金額が1.5倍になっているのだから、こんなことは算数以前の話で当たり前のことである。つまりここで言いたいのは、運用に頼るよりも、もう少し頑張って余計に働くか、支出の無駄をなくして、1万円でも余計に貯める方が確実にいい結果になるということだ。

Source: 「複利で大きく殖える」と謳う投資勧誘がいかがわしい理由 | 自分だけは損したくない人のための投資心理学 | ダイヤモンド・オンライン