賃貸に住むと家賃がもったいない、 という考えは20年前までの話 - 生涯の支出を1000万円以上もカットできる

賃貸に住むと家賃がもったいない、
という考えは20年前までの話

 30代のカップルは、結婚と同時にマンションを買うケースが目立ちます。背景には、「賃貸に住んで家賃を払い続けるのはもったいない」という、堅実な30代ならではの意識があるようです。

 でも実は、いまの30代にとって、住宅は「買うのが遅いほどよい」ものなのです。理由の一つは、これからライフスタイルが変化するかもしれないのに、住宅の買い替えが難しいこと。もう一つは、頭金をしっかり貯めて住宅ローンの返済期間を短くすれば、生涯の支出を1000万円以上もカットできることです。

Source: 家は40代で買いなさい!今の30代が1000万円以上トクをするマイホーム購入法 | 30代で知っておきたい「お金」の習慣 | ダイヤモンド・オンライン

 この1000万円で株式投資したいがために、やはりローンは組みたくないですね。この1000万円は銀行員の給料となってしまう。

記事内では柔軟性を失うデメリットも書かれております:

今後どんなライフスタイルになるかわからない部分があるはず。子どもが何人になるのか、転職して勤務地が変わることはないのかなど、考えてみれば予測できない要素がずいぶん多いのではないでしょうか。

 しかも、いまの30代は、一度住宅を買ったら「今後、住み替えるのは難しい」という前提に立つ必要があります。

 Source: 家は40代で買いなさい!今の30代が1000万円以上トクをするマイホーム購入法 | 30代で知っておきたい「お金」の習慣 | ダイヤモンド・オンライン

頭金が少ないと「利息」だけで
1000万円も多く支払うことになる