Never Really Over - Katy Perry 歌詞和訳で覚える英語表現

トラックデータ:

洋楽の歌詞で英語をチェックすることで表現力を高める

著者は洋楽の歌詞で英語を学習してきましたが、この記事内で行っているように洋楽の新曲がリリースされる度に、サビ・コーラスを中心に歌詞のわからない箇所や英語表現をチェックしておりました。歌詞の意味をある程度、理解した上で毎日の通学・通勤の時に洋楽を聞いたり、家でサビ・コーラス部分を口ずさむことで、知らず知らずに英語の語感が身に付き、歌詞の中に含まれている様々な文法ポイント語順=英文の規則性を身に付けることができました。

大阪観光大学国際交流学部池田 和弘教授の日経ビジネスオンラインの記事でも洋楽の歌詞で英語を勉強した学生の話が取り上げられていました。彼の何千人もの学生や社会人の教え子の中で、明らかに日本人離れした、素晴らしい英文を書く生徒がいたらしいのですが、その学生さんは洋楽の歌詞で英語を英語を勉強してきたようです。その文章は、語句の使い方が日本人離れしていたというのです。

彼は中学に入ったころから大の洋楽ファンとなり、歌詞を懸命に覚えただけでなく、添えられている和訳を読むだけでは満足できずに、辞書などを調べて原文の意味を理解しようとしたというのです。楽しいから歌詞の意味を理解しようとし、そのまま覚えて、歌った――彼にとっての「英語の勉強」というのは、たったそれだけだったわけです。もちろん、学校での学びもある程度は意味があったかも知れません。しかし、書いた英文から判断して、その英語力の大半を歌詞からつかみ取ったことは間違いありませんでした。

Source: 日経ビジネスオンライン

洋楽が優れた学習素材である理由

洋楽学習方法についての詳細は、以下、私の著書を紹介いただいているLifehacker(ライフハッカー)の記事、洋楽学習法の詳細を記載した記事、洋楽学習に関する情報集をご参考ください:

Video

www.youtube.com

サビコーラスで歌詞で覚える英語表現

[Pre-Chorus]
I tell myself, tell myself, tell myself, "Draw the line"
And I do, I do
But once in a while, I trip up, and I cross the line
And I think of you

[Chorus]
Two years, and just like that
My head still takes me back
Thought it was done, but I
Guess it’s never really over
Oh, we were such a mess
But wasn't it the best?
Thought it was done, but I
Guess it's never really over

[Post-Chorus]
Just because it's over doesn't mean it's really over
And if I think it over, maybe you'll be coming over again
And I'll have to get over you all over again
Just because it’s over doesn’t mean it's really over
And if I think it over, maybe you’ll be coming over again
And I'll have to get over you all over again

Source: Mark Ronson – Find U Again Lyrics | Genius Lyrics

  • draw the line - 一線を引いて~するところまではいかない、一線を引いて~しない、~を限度と定める、~...
  • once in a while - たまに(は)
  • trip up - 句自動 つまずいて転ぶ[転倒する] ・I tripped up on a rock. : 私は石につまずいて転倒しました。 句他動 (人)をつまずかせる、(人)の足をすくう、(人)の揚げ足を取る、(人)に悪さをする
  • cross the line - 最後の一線を越える
  • Thought it was done - 終わったと思ったのに