即リプ: あっちがビビるくらいのスピードでメールを打ち返したるさかい、待っとれよー!

ãtim cook emailãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

Source: Apple CEO Tim Cook: Mac Mini Will Be 'Important Part' of Future Product Lineup - Mac Rumors

 

私が憧れているある大手外資系の会社に勤めている方もメールの返信がLINE並に早かったのを思い出します。『一流の偉い人はこうやって仕事をするんだ...』と思いましたし、これがスタンダードなんだと思いました。

今、自分が『即リプライ』を徹底的に習慣付けることで、即リプすることで自分が一番楽になるのだと一番実感しております...

「うわっ、もうメールの返事が来とる……。ほんま息つく暇もなく、メールが返ってくるわー。こっちも負けてられへんで! あっちがビビるくらいのスピードでメールを打ち返したるさかい、待っとれよー!!!」

「仕事ができる人、できない人の差」で真っ先に思い浮かぶのは、なんといっても「メール返信のスピードの違い」である。

東洋経済新報社ダイヤモンド社で私を担当してくれている一流の編集者たちも、メールを打てば卓球のピンポン玉並みに瞬時に返ってくる。

仮に忙しくて即答できない場合でも、「メールありがとうございます。いまXXの理由ですぐに見ることができませんが、◯◯日までに熟読して返信します」と、いつごろに返答できそうなのかを迅速に知らせてくれる。

これに対し、二流の人は「遅寝・遅起き・メールの返信は永遠にせず」で、簡単な要件でも、なかなかメールの返信が届かない。そういう人とは仕事がテンポよく前に進まないし、人間関係も疎遠になってしまうことも少なくない。

「たかがメールの話でしょ?」などと侮ってはいけない。じつは「メール1本」に、「ありとあらゆる仕事能力」が如実に反映されるのだ。

Source: メールでバレまくる「デキない人」の3大欠点 | ムーギー・キムの「最強の働き方」 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準