Safari Man[サファリマン]のメモ帳 – 米国駐在員20代夫婦が、マイルとホテルポイントのみで旅行し、家とクルマを買わず保険に入らない倹約生活で資産運用をする記録、メモ、日記

備忘録/車3,000万円、住宅購入3,000万円、保険1,000万円を節約し全世界株インデックスファンドに35年間投資をする記録,日記/雑誌Safari[サファリ]のようにメンズセレブファッションを紹介が元々のコンセプト/洋楽歌詞で英語を勉強する方法を紹介/既婚/ニューヨーク駐在中/TOEIC915/陸マイラー/駐在中1,475万円分のマイル・ホテルポイントを稼ぐ/副業・複業(輸出入業)/1990s |

海外駐在後の離職問題: 海外駐在からの帰国したら辞めてしまう...

ãANA åºåãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

先日、日系の某大手メーカーの方とお話しする機会がありました。その方は、ニューヨークに5年以上駐在しており、本人も家族もこちらの生活をすっかり気に入ってしまっている様子で、なるべくこちらで過ごしたいと思っているようです。東京の電車通勤やなど本社の雰囲気のことを考えると帰りたくないと思うようです。実際、以前の駐在員で帰国後、本社で少し働いていた後、すぐに辞めてしまった人が何人かいるようです。そのようなケースが一人とかではなく、何人も居たようです。

私も、その気持ちは良く分かると思っておりましたが、ウェブの情報を見ていると駐在後に転職をした方が実際に一定数いるようなTweetを見ました。

自分自身、帰国後のキャリアを考える上で、「帰国後に転職」もありえる選択なのだと視野を広げるためにメモしておきます...

 

実例:

私がいつも大変参考にさせていただいる「Savvyに生きる」というブログの著者である方も海外駐在帰国後に転職されていたようです。

savvy-life-savvy-style.com

増える海外駐在後の「もうやーめた」:

給料問題?

海外駐在でBoostされた給料+高級コンドミニアムから、帰国後に普通な給与に戻るからなのかもしれません...

わたしたち夫婦は「この駐在期間の生活は特別なボーナス期間、ホテルで暮らしていると思え」と思い込むようにし、帰国後の生活を常にイメージし続けるようにしております。

 関連Tweets: