副業はお金+αのためにある

若手が副業で輸出入ビジネスを手掛ければ、副収入と輸出入・ロジスティクスの知識が付けれらそうです。私は実際、貿易の知識などいろいろな経験ができて自分でプラスになりました。

もしお金だけが副業の目的なら、ほとんどの副業は本業とは直接的に関係しません。

 たとえば、一般的に考えられる副業は、「ブログでアフィリエイト収入を得る」「オークションサイト転売で稼ぐ」といった比較的リスクが低いものから、労働時間に対する対価を得る「夜間アルバイトをする」といったもの。あるいは「サラリーマン大家になる」「FXやビットコイン投資をする」といった高リスクのものまで、直接的に収入を得るための取り組みが選択肢になるでしょう。これらの取り組みによって、ライティングのスキルや商品の目利き、金融商品に対する知識などが深まるメリットもあります。

 しかしそれらのメリットは、一部の職業の方を除けば「本業」でのスキルアップには関係しません。メーカーの研究開発部門勤務の30代の方が、アフィリエイト目的でブログを始めたからといって、本業のスキルが高まる可能性は高くないでしょう。

 「継続的に本業以外で経験を得る行為」を目的とする場合、そのような副業はどう探せばよいのでしょう。

Source: お金+スキルアップも 出世のための副業の選び方|出世ナビ|NIKKEI STYLE

style.nikkei.com