Safari Man[サファリマン]のメモ帳 – 米国駐在員20代夫婦が、マイルとホテルポイントのみで旅行し、家とクルマを買わず保険に入らない倹約生活で資産運用をする記録、メモ、日記

備忘録/車3,000万円、住宅購入3,000万円、保険1,000万円を節約し全世界株インデックスファンドに35年間投資をする記録,日記/雑誌Safari[サファリ]のようにメンズセレブファッションを紹介が元々のコンセプト/洋楽歌詞で英語を勉強する方法を紹介/既婚/ニューヨーク駐在中/TOEIC915/陸マイラー/駐在中1,475万円分のマイル・ホテルポイントを稼ぐ/副業・複業(輸出入業)/1990s |

英語の学習は、楽しくやればやるほど上達しやすくなります。そのためには、自分が楽しいと思うコンテンツを利用することが有効です。このとき、動画配信サイトほど便利なものはありません。

「apple music」の画像検索結果

東洋経済オンラインの記事"3カ月でTOEICが400点アップした人のやり方不可能を可能にするシャドーイング"からの引用です。

英語の学習は、楽しくやればやるほど上達しやすくなります。そのためには、自分が楽しいと思うコンテンツを利用することが有効です。このとき、動画配信サイトほど便利なものはありません。

 

 

また、英語のコンテンツを観て英語の音に触れること以上に効果的なのが、“シャドーイング”です。

シャドーイングとは、童謡の『かえるの合唱』のように、「カエルの歌が♪」「カエルの歌が♪」と、相手の言葉を復唱する方法です。たとえば、スティーブ・ジョブズスタンフォード大学で行ったスピーチを教材として使う場合、スティーブが言葉を放ったすぐあとに、彼が言った言葉をリピートしてみるのです。

シャドーイングの効果はたくさんあります。特筆すべきは、リアルな発音に触れながら、それをまねすることによって体で覚えやすくなるという点でしょう。その結果、スピード感に慣れることができ、英語独特のニュアンスや、テンポ、リズムなどを体得しやすくなるのです。

英語に限らず、何事も本で読んで「知っている」というレベルでは、実戦では使いものにならないものです。体得しながら、「できる」から「やっている」というレベルにまで持っていくことで実践力が身につきます。