Safari Man[サファリマン]のメモ帳 – 米国駐在員20代夫婦が、マイルとホテルポイントのみで旅行し、家とクルマを買わず保険に入らない倹約生活で資産運用をする記録、メモ、日記

備忘録/車3,000万円、住宅購入3,000万円、保険1,000万円を節約し全世界株インデックスファンドに35年間投資をする記録,日記/雑誌Safari[サファリ]のようにメンズセレブファッションを紹介が元々のコンセプト/洋楽歌詞で英語を勉強する方法を紹介/既婚/ニューヨーク駐在中/TOEIC915/陸マイラー/駐在中1,475万円分のマイル・ホテルポイントを稼ぐ/副業・複業(輸出入業)/1990s |

Lana Del Rey -Loveの歌詞で覚える英語表現

f:id:yougaku-eigo:20170223201056p:plain


彼女の得意分野であるノスタルジアをテーマにした曲です。過去のアメリカに対する崇拝。

Treading her familiar themes of nostalgia for an idealized American past, “Love” sees Del Rey reflecting on the concept of youth through the experiences and feelings of her fans. She muses on how the youth of our generation (and even herself) still maintain a sense of wonder and empowerment in the face of adversity, due in part to the romanticized idea of love and affection driving them forward.

 

特にこの表現を覚えるというのはないのですが....なんか中学英語のおさらいもかねて熟語などをチェックします。

 

[Pre-Chorus]
It's enough just to make you feel crazy, crazy, crazy
Sometimes, it's enough just to make you feel crazy

[Chorus]
You get ready, you get all dressed up
To go nowhere in particular
Back to work or the coffee shop
Doesn't matter cause it's enough
To be young and in love (ah, ah)
To be young and in love (ah, ah)

 

[Pre-Chorus]
あなたをクレイジーにさせるには十分ね
Sometimes, あなたをクレイジーにさせるには十分ね

[Chorus]
準備ができて、身支度も済ませて
特にどこへ行くわけでもなく
仕事に戻るか、コヒーショップに行って
なんでもいいわ、だって十分満たれてるから
若く恋に落ちるため

To be young and in love (ah, ah)