Safari Man[サファリマン]のメモ帳 – 米国駐在員20代夫婦が、マイルとホテルポイントのみで旅行し、家とクルマを買わず保険に入らない倹約生活で資産運用をする記録、メモ、日記

備忘録/車3,000万円、住宅購入3,000万円、保険1,000万円を節約し全世界株インデックスファンドに35年間投資をする記録,日記/雑誌Safari[サファリ]のようにメンズセレブファッションを紹介が元々のコンセプト/洋楽歌詞で英語を勉強する方法を紹介/既婚/ニューヨーク駐在中/TOEIC915/陸マイラー/駐在中1,475万円分のマイル・ホテルポイントを稼ぐ/副業・複業(輸出入業)/1990s |

ビジネス英語「いろいろ検討したが、やはり~」

私は、この表現を使う機会がありました。

顧客の要求・提案して、こちらで検討したが、相手の要求を満足させるsolutionを提案回答できなかったときに使用しました。

この表現を使わざるおえない場面に遭遇することがあると思うので、覚えとくと便利でした。

 

“We have considered all the options, but …”

 

この表現は日経ビジネスの以下の記事を読んで覚えました。

参考になると思います↓

 

読者がおっしゃる通り、「しょうがない」に近いのは“There is no other way.”でしょう。“(I, we, etc) can't help it”は「私(私達)にはどうすることもできないよ」といったニュアンスです。

 ただし、私でしたら“I have considered all the options, but …”と表現します。最終的にGive upするのか、ある1つのSolutionを選ぶのか、なんらかの結論があると思いますので、but以降にそれを続けます。

 例えば“we just have to give up on this opportunity”、“this is the best solution I can think of”、“nothing seems to meet customer's request”といった具合です。

From : http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20121019/238272/