Canの方が相手の都合をうかがうニュアンスがある

純ジャパの著者が、英語で顧客とコミュニケーションを円滑に取れるようにするため、英語表現のニュアンスについて覚えたことをメモ。

昔、読んだ記事ですが改めて探してきたのでメモしときます。

 

 “Will you catch up ?”は強い表現になりませんか、というのはその通りです。ここに「be able to」を足して“Will you be able to catch up ?”とすることにより、“Can you catch up?”と同じ意味にして、やわらげています。

 Canの方が相手の都合をうかがうニュアンスがあります。例えば、“Can you call me after the meeting ?”は、時間があった時にかけてくれという感じです。これに対し、“Will you call me after the meeting ? ”というのは上司から部下に伝える感じになり、部下が上司に使うという印象はありません。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20130722/251382/?P=4