「米国株に局所バブル、分散投資を」マルキール名誉教授 ベストセラー「ウォール街のランダム・ウォーカー」著者

f:id:yougaku-eigo:20211203134033j:image

「米国株に局所バブル、分散投資を」マルキール名誉教授:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN060780W1A001C2000000/

長期債の購入を避けたほうがよい。株式と不動産などの実物資産を購入すべきだ。仮に私の予想が間違っていたとしても、利回りが1%程度の10年債は確実に損だ。歴史的な高値であっても株を買った方がよい。インフレ時代にはポートフォリオを株式中心とする必要がある

現在の米国市場は90年代のITバブルと似た面がある。当時は口づてで情報が広がったが、今回はネットが中心だった。投資家は(こうしたネット株の)バブルが破裂するのに備え、(幅広い銘柄に分散投資する)インデックス投資をすべきだ

インデックス投資はアクティブ投資家の努力に「タダ乗り」している、との批判にどう応えますか。

「タダ乗りなのは間違いない。だがアクティブ投資家がいなくなる心配はしていない。仮に、ある製薬会社の株価が、本来40ドルのところを20ドルで取引されていたら、その機会を使って利益を狙うトレーダーが誰一人もいない状況を想像できるだろうか。先に本当の価値に気づいた人は、インデックス投資家より少しばかり利益を得られるが、彼らの行動にタダ乗りするのは問題ない」

「市場の95%、あるいは99%がインデックス投資であっても問題ないだろう。資本主義社会では、利益を得られる機会があれば、誰かが必ず見つけ出す。インデックス投資で市場が機能しなくなる危険性はない

恋愛工学の藤沢数希: 投資するなら運用コストが安いインデックス・ファンドにしましょう、というスタンスなんですね

f:id:yougaku-eigo:20211130132417j:image

https://diamond.jp/articles/-/17573

単純に考えると、アクティブ運用されている株を全部足し合わせると、概ね市場そのもの、つまりインデックスと同じになるわけだから、「平均」するとアクティブ投信はコストが高い分だけインデックスに負けてしまう可能性が高いんです。

意外に堅くインデックスを推進してるのですね...上記の対談で出てくる藤沢数希の著書『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』も読んでみたいくなりました。

この本を要約したブログ: 金融日記「藤沢数希」に学ぶ【サルでも分かる資産運用】~「なぜ投資のプロはサルに負けるのか?」要約・感想・書評 - 係長の投資日報によると下記のような内容になっているようです。

  1. ギャンブルはいますぐやめる - 宝くじやパチンコ、競馬のようなギャンブルはやめましょう。これらは愚か者に課された税金です。
  2. 借金(住宅ローン含む)は全額返済する - まずは借金を全部返してください。住宅ローンももちろん借金です。投資をするのはそれからでも遅くはありません。
  3. 数百万円以上の資産を持っている - 投資は元手がある程度ないと効果がありません。がんばって働いて、せめて数百万円ぐらいは貯めてください。

上記3つの条件が揃えば投資を開始できる。買うものは: 

長期国債分散投資がオススメ。外国株式、日本株式、外国国債、日本国債にインデックス・ファンドを利用してバランスよく投資する。

その他関連記事:

個人投資家に人気の米IT企業がさらに大きなウエイトを占めているナスダック100指数は、2020年はなんと47.6%、2021年はすでに約29%上昇しています。


 こうしたインデックス投資にパフォーマンスで勝てたヘッジファンドはほとんどないと思われます。この2年のパフォーマンスを見れば、一番儲かったのはビットコインやテスラなどを何も考えずに買った個人投資家です。二番目に儲かったのはインデックス投資家でしょう。次に、年金や個人向けの投信などを運用しているアクティブファンドも市場に強く連動しているので大きく勝ちました。From: https://note.com/kazu_fujisawa/n/n93e23b5b4b3a

2.

藤沢:余ったお金があるなら、まずiDeCo(個人型確定拠出年金)(※1)はやったほうがいいですね。最大のメリットは、掛け金を全部所得控除できること。それに、信託報酬(運用手数料)が0.2%前後と安いインデックスファンドも揃っているし。
 ただ、iDeCoは口座管理手数料が年間5000円くらいかかったり、老人になるまでお金を原則引き出せないって欠点はあるけど。

モト:例えば、iDeCoの中でどの運用商品がいいとかありますか?

藤沢:世界株式に連動するタイプのやつかな。ネット証券のETF(※2)でも似たような商品が買えます。まあ、あっちは頻繁に売買できるから結局損しちゃうってケースも多いですけどね。結局のところ、庶民はiDeCo一択かな。

https://www.google.com/amp/s/nikkan-spa.jp/1587362/amp

 

この結論には納得です。マネー力でインデックス投資も出てきました

この書籍: 真の「安定」を手に入れる シン・サラリーマン──名著300冊から導き出した人生100年時代の攻略法(https://amzn.to/317nj4m)のまとめ動画から:

f:id:yougaku-eigo:20211129140002p:image

f:id:yougaku-eigo:20211129140526p:image

本業頑張って出世、副業で手取り400-500万円/年稼ぐのは誰にでもできるわけではないですが、トライするべきと思います。インデックス投資なら誰もできると思います。

 

 

 

株式会社の歴史が始まって約400年: 世界の株式時価総額は右肩上がり

f:id:yougaku-eigo:20211129122231j:plain
f:id:yougaku-eigo:20211129123407j:image
f:id:yougaku-eigo:20211129123405j:image

Source: https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77960230Y1A121C2M11200/

世界経済は右肩上がりで拡大してきたという日経の記事。

関連記事: