Safari Man[サファリマン] – 米国駐在員20代夫婦が、マイルとホテルポイントのみで旅行し、家とクルマを買わず保険に入らない倹約生活で資産運用をする記録、メモ、日記

備忘録/車3000万円、住宅購入3000万円、保険1000万円を節約し全世界株インデックスファンドに35年間投資をする記録,日記/雑誌Safari[サファリ]のようにメンズセレブファッションを紹介が元々のコンセプト/洋楽歌詞で英語を勉強する方法を紹介/既婚/ニューヨーク駐在中/TOEIC915/陸マイラー/駐在中1,475万円分のマイル・ホテルポイントを稼ぐ/副業・複業(輸出入業)/1990s |

メモ:「7時間以上の睡眠は身体に良いが、6時間以下の睡眠は徹夜と変わらない」という衝撃の研究結果!

" width=

この事実がデータとして提出されたのは「SLEEP2017」。アメリカのオハイオ州で32年以上続く睡眠がテーマのカンファレンスです。

コナー・ヘネガン(Conor Heneghan)博士は全世界のFitbit(睡眠データを計測できるスマートウォッチ)から得られた数百万件の睡眠データを分析し、「7時間以上の睡眠が健康に良い」ことが証明できたことを発表しました。

睡眠のステージは深い睡眠、浅い睡眠、レム睡眠の3種類に分かれます。そして、7時間を境に、睡眠時間全体に占めるレム睡眠の割合は減少します。

なお、最も理想的な睡眠時間は7~8時間で、そのパターンで深い睡眠とレム睡眠の合計時間が睡眠時間全体に占める割合が最も多くなります。脳と身体を休める深い睡眠はレム睡眠と同様に重要です。

それは、6時間以下の睡眠を2週間続けると一睡もしていないのとほぼ変わらない状態まで脳のパフォーマンスが落ちてしまうということ。

この衝撃的なデータは、2003年に米ペンシルバニア大学で行われた実験により導き出されました。その実験とは、睡眠時間6時間のグループと徹夜のグループに注意力や判断力を測るテストを受けさせるというものです。

毎日6時間以下しか寝ていないけどそんな自覚はない、という方もいるでしょう。しかし実験の被験者たちも脳の働きが落ちていくことを必ずしも感じていなかったそうです。つまり、短時間の睡眠は自覚なくしかし着実に脳の働きを低下させていくのです。

From: 「7時間以上の睡眠は身体に良いが、6時間以下の睡眠は徹夜と変わらない」という衝撃の研究結果! | データのじかん

参考図書