Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

備忘録/雑誌Safari[サファリ]のようにメンズセレブファッションを紹介が元々のコンセプト/洋楽歌詞で英語を勉強する方法を紹介/既婚/ニューヨーク駐在中/TOEIC915/陸マイラー/駐在中1,475万円分のマイル・ホテルポイントを稼ぐ/ファッションバイヤー/副業・複業(輸出入業)/1990s | 彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだこと

ミニマリスト的に私服を制服化するのにあこがれる一方でモンクレなどブランドを着てみたいと思う欲求

f:id:yougaku-eigo:20190104015051p:plain

毎月の収支をつけて(経験を買うという言い訳の元、全然出費を抑えられていないですが..)、節約情報を曲りなりに集め、節約家になろとミニマリスト的なことを真似しているわけですが、やはりブランドを着たいと思う欲求を拭えません...

もともと学生時代に読んでいた雑誌Safari[サファリ]の真似をしてセレブファッションを紹介することをコンセプト立ち上げた著者ですので、基本的にはブランド物大好きです。

safariman.hatenadiary.com

学生時代はヤフオクで転売を繰り返し、ニールバレットやドルガバを着ていましたが、やり過ぎて飽きたのと、社会人になり時間が無くなったこと、見た目は顔とスタイルと中身だと気づいてユニクロへ移行したこと、ミニマリスト的な選択の少ない生活にあこがれたことでブランド物から遠ざかっていました。

しかし、この度アメリカへ駐在し、副業/複業で少し金の余裕ができたのと今まで高いと感じていたブランドが現地価格で安価に買えることを知ったり、マンハッタンを歩く素敵なメンズを見たり、アメリカ人が変に倹約せず好きなものをパーッと買っている姿を見ると、またふつふつとブランドを買いたいという欲求が芽生えてきました。

学生の頃、懲りた経験から以下の教訓を得ましたが、それでも一度買ってきてみたいという要求は収まりません:

  • ブランドを着てもメンズのカッコよさは顔・スタイル・立ち居振る舞いで決まるから、高い服を買っても意味ない
  • 一度買ってきれば飽きる
  • モンクレの利益率は92%。ほとんど広告費

 

 しかし、わかっちゃいるけど辞められない...I totally understand but...

自分なりの解決策:

  • 一生ものだと思って一度買う(ダウン・コート・スーツケースなら一生持つ)
  • ブランド物の制服化

自身の経験から一度買ってしまえば飽きる(懲りる)のが分かっているで、思い切って買ってします。

そして、そのブランドのものを制服のように着倒すことで余計なものを買うことを防ぐ。

冬の装いを例にサファリ的に制服コーデを紹介

Outer 色はBlack or Navy