Safari Man – 洋楽歌詞の和訳で英語を勉強しTOEIC900を目指す

備忘録/雑誌Safari[サファリ]のようにメンズセレブファッションを紹介が元々のコンセプト/洋楽歌詞で英語を勉強する方法を紹介/既婚/ニューヨーク駐在中/TOEIC915/陸マイラー/駐在中1,475万円分のマイル・ホテルポイントを稼ぐ/ファッションバイヤー/副業・複業(輸出入業)/1990s | 彼の英文は、それまで見てきたどの英作文よりも飛び抜けて英語らしく、私はてっきり彼が英語圏で教育を受けたものと思い、「どこに何年住んでいたの」と聞きました。ところが、それに対して彼は、「いいえ。海外に住んだこと

クールなアジア系男子/メンズ: Chuando Tan - これで50歳..

ãchuando tanãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

é¢é£ç»å

www.youtube.com

1967年生まれ....

Instagram

C H U A N D O 陈传多さん(@chuando_chuandoandfrey) • Instagram写真と動画

Twitter:

Chuando Tan (@chuandotan) | Twitter

アメリカに住んでいて、日本人男性はダサいというイメージを同じ日本人女性が持ってることに気づきました。

これは私の妻や、駐在妻たち、日本育ち現地住みも同じ意見です...「何かダサい」と...ツイッターでも以下にツイートが大いに議論を呼んでいるようです...

アメリカのキャバ嬢@usa_kyabajo
 
 

私が知る限りでは、日本人の男はアメリカで最もモテない。レディーファーストできない、体は華奢か小デブ、英会話ヘタ、チップがケチ、趣味がなくて休日は家でゴロ寝、視線がキモくて性欲だけは旺盛。
モテない要素を完璧に揃えてる。

 
3,296 people are talking about this
 

日本人男子としては悔しいけど、ある程度納得せざる負えないところがあります...(もちろん日本人がそうではないですが...)

そこで、私はどうしたら日本人男性がパリっとカッコよく見えるようになるかを考えてみました。もともとこのブログのタイトル「Safari Man」は、私が中学から読んでいる雑誌Safari[サファリ]から取ったものであり、このブログも元々は雑誌『サファリ』のようにハリウッドセレブのファッションを紹介するブログであり、私自身も欧米かぶれでありました。

しかし、仕事を始めて西海岸に出張に来てアジア系男子(主にシリコンバレーのエンジニアやLAのカッコいいフィジーカーのようなアジア系アメリカン)と会う機会が多くなり、日本人男子としてアジア系男子のようにアメリカでクールになるためにはどうすればよいか考えるようになりました。

ここでは外見だけにフォーカスしようと考えてります。

あくまでも見た目だけの改善に絞ってアメリカ在住の女性に聞いてところ、カッコよいと思うアジア系メンズとは、アメリカでセクシーと呼ばれているアジア系メンズ「クールなアジア系男子/メンズ」で特集しているようなメンズが共通して持っているものだと考えております。

それは:

アメリカのキャバ嬢@usa_kyabajo
 

「日本の男はモテないんじゃなくて海外で女に声かけない」という御意見頂きました。

これも一理あるけど、こういう人は日本でもろくにナンパしたことないでしょ。日本人は全体的に女との距離を詰めるのがヘタ。
日本でモテる人ならアメリカでもモテる可能性があるし、日本でモテないならモテない。

アメリカのキャバ嬢@usa_kyabajo
 

自分から声かけるどころか、アメリカ人から声かけられる日本人の男も少ないけどいますよ。共通点は、背高め、顔濃いめ、清潔感、姿勢と着こなしのよさ、ですかね。

 
See アメリカのキャバ嬢's other Tweets